ラノベ質問状:「彼女がフラグをおられたら」 “イチャコメ”展開が魅力、アニメ化企画も進行中

ブック
「彼女がフラグをおられたら」(講談社ラノベ文庫)の表紙

 話題のライトノベルの魅力を担当編集者が語る「ラノベ質問状」。今回は「彼女がフラグをおられたら(略称:がおられ)」(竹井10日さん著、CUTEGさん画)です。講談社ラノベ文庫編集部の猪熊泰則さんに作品の魅力を聞きました。

 −−この作品の魅力は?

 とにかく個性的な可愛い子が満ちあふれていることですね。重い過去を背負った主人公・旗立颯太は、周りとかかわらないように生きていくつもりなのに、彼の周囲にはとびきりの美少女がわんさか集まってきて、しかもどんどん甘やかしてくれるという、うらやましくも心癒やされる展開、いわばラブコメを超えた「イチャコメ」展開が作品の魅力です。“ツンデレ”に妹、“男の娘”はじめ多種多様なキャラが網羅されていて、ほとんどのみなさんに喜んでいただけるのではないかと思います。

 また、「フラグ」というゲーム用語がお話のキーポイントとなっております。颯太は他者の「フラグ」を折る能力を持っていて、いわば他人の運命を左右することができるのですが、自分自身にも「死亡フラグ」が立っていて、しかもそれを折ることはできません……。颯太に迫る死の運命が、作品の「謎要素」と深く結びついておりまして、「謎要素」の進展を見ていくことの楽しみも作品に備わっております。可愛い子と迫りくる運命……。この両輪が作品の鍵であり、魅力ともいえると思います。

 −−作品が生まれたきっかけは?

 講談社ラノベ文庫創刊にあたって、竹井先生に執筆していただけることとなり、打ち合わせを進めていく上でラブコメ方向で行くことにはなったのですが、作品を印象づける「何か」が足りないということで模索が続きました。打ち合わせを繰り返すうちに、ふと、「フラグ」という言葉がわいて出てきまして、ここから話の概要や方向性が浮かび上がり、「これならいけそうだ!」ということになりまして、一気に進展したのを覚えています。

 どうでもいいエピソードですが、作品的に「いっちょ雰囲気を出した打ち合わせをしよう!」ということで、とあるメイドカフェを使ってみたのですが、メイドさんとの触れ合いにかまけてしまって、打ち合わせはまったく進まなかったということが……。ああいう楽しいところはお仕事には向きませんねえ(笑い)。

 −−作家さんとイラストレーターさんはどんな方でしょうか。

 作者の竹井10日先生ですが、とにかくお仕事が速いです。現在四つの作品を回しているので、ほとんど執筆の毎日なのですが、書くことを呼吸するがごとくに進めていらっしゃるところが、本当に頭が下がります。といいつつゲームも欠かさずにしているし、なんといいますか本当にパワフルな方だなと思います!

 イラストレーターのCUTEGさんですが、作品の概要ができてきて、その雰囲気に合った方がいないかなと思っていたところにふと浮かんできた方でした。他レーベルでも描かれていたので、お忙しいのにもかかわらずお仕事を受けていただいて、本当に感謝です。

 実際に作品の雰囲気とCUTEGさんのイラストはぴったりですし、竹井先生と同様にお仕事も速くてすてきです。そういえば、イラストレーターさんを探しているときに、竹井先生にもご意見をうかがったのですが、その際に偶然ですが、竹井先生もCUTEGさんを挙げていました。ご縁が合ったということでしょうね。それとお酒が大層お強いです(笑い)。

 −−編集者として、この作品にかかわって興奮すること、逆に大変なことについてそれぞれ教えてください。

 毎巻、「おおっ! 次はこうなるのか!」という興奮を、誰よりも早く味わえることがとてもうれしいです。可愛いキャラが巻を追うごとに増えていくのも楽しみの一つでして、個人的に好きなキャラは、ついイラストなどで優遇したくなってしまったりもするのですが……まあ、実際にはしてないですが。

 大変なことといいますか、作品内のバランス、ラブコメ要素と謎要素のバランスをうまくとらなくてはいけないことが結構気を使うポイントであったりします。それとサブタイトルですか、死亡フラグのバリエーションで見せているのですが、とかく長くなりがちなので、デザイナーさんからは「(長くて)入らなかったらと心配になる(笑い)」といわれております!

 −−今後の展開は。

 学園でのさまざまなイベントが進行しつつ、颯太たちにかかわる「フラグ」についての謎が徐々にふくらんでいきます。読み応えがますます増していくと思いますのでご期待ください。まだまだ可愛い子も新たに出てきますよ!

 −−最後に読者へ一言お願いします。

 アニメ化企画も進行中でして、「がおられ」ワールドは今年もますます広がりを見せていくことになります。もっともっと面白い作品になっていくよう努力し続けてまいりますので、みなさまぜひ熱い応援をお願いいたします!

講談社 ラノベ文庫編集部 猪熊泰則

ブック アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る