4月スタートの深夜ドラマ「でたらめヒーロー(仮)」で主演を務める俳優の佐藤隆太さん
4月スタートの深夜ドラマ「でたらめヒーロー(仮)」で主演を務める俳優の佐藤隆太さん

 俳優の佐藤隆太さんが、4月スタートの深夜ドラマ「でたらめヒーロー(仮)」(読売テレビ・日本テレビ系)で、普段はダメ男だが10分間だけ超人的な力を発揮するという“異色の”ヒーロー役で主演することが20日、明らかになった。佐藤さんは「クズ野郎を思いっきり楽しんで演じたい。『ヒーロー』か『ヒール』かの紙一重のキャラクターを作っていこうと思っている」と意気込んでいる。

 ドラマは、ひょんなことから身体能力や感覚が10分間だけ10倍になる力を付けたことで、強制的にヒーローに仕立て上げられた“ダメ男”が、人を助けて感謝されることを通じて次第に成長していく姿を描く。定職に就かず「めんどくせえー」が口癖のダメ男・久住(くずみ)健太(佐藤さん)はある日、交通事故で亡くなった姉の息子で小学3年生の大地を預かることになる。嫌々大地と同居することになった健太だったが、大地が持っていた謎のドロップを食べると10分間だけ身体能力と五感がパワーアップする。それを知った健太の親友の警官・丹波は、健太を無理やりヒーローに仕立て上げ、事件解決のために出動させようとするが……というストーリー。

 健太の親友で交番勤務の警察官・丹波修司を塚本高史さんが演じるほか、コンビニのアルバイト店員で、健太が変身した後のヒーローに助けられる倉田夏輝を本仮屋ユイカさん、製薬会社の社長で健太の姉が開発した超人能力の研究データをねらう黒木慶を小日向文世さんが演じる。脚本は映画「君に届け」や劇場版アニメ「聖☆おにいさん」の根津理香さんとドラマ「ステップファザー・ステップ」の徳永友一さんが担当する。

 「変身ヒーローものをずっとやってみたかった」という佐藤さんは「とってもだらしがない男が、子供との関係を通じてどう成長していくかを見てほしい。一見ぶっ飛んだドラマに見えますが、見応えのある作品になると思うので楽しみにしててください」とメッセージを寄せている。

 深夜ドラマ「でたらめヒーロー(仮)」は、読売テレビ・日本テレビ系で4月4日から毎週木曜午後11時58分放送。(毎日新聞デジタル)