4月スタートのテレビ東京系のドラマ「ヴァンパイア・ヘヴン」に出演する(左から)大政絢さん、平岡祐太さん、本田翼さん
4月スタートのテレビ東京系のドラマ「ヴァンパイア・ヘヴン」に出演する(左から)大政絢さん、平岡祐太さん、本田翼さん

 女優の大政絢さんが、4月スタートの連続ドラマ「ヴァンパイア・ヘヴン」(テレビ東京系)に美少女バンパイア役で主演することが23日、明らかになった。大政さん演じるヒロイン・桜子の親友で同じくバンパイアの小町を女優の本田翼さん、2人の美少女バンパイアと命がけの恋を繰り広げる人間の男性を俳優の平岡祐太さんが演じる。映画「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の瀬田なつき監督が脚本とともにテレビドラマ初監督を手掛け、同映画で主演した大政さんと再タッグを組む。

 ドラマは絶世の美少女バンパイアの桜子と小町が、人間の男性と初めての恋に落ちる切ないラブストーリー。バンパイア界の禁忌を侵し、人間界に降り立った桜子と小町は人間の隼人(平岡さん)と出会う。一瞬で隼人に恋をした桜子だったが、バンパイアは相手のことを好きになればなるほど、相手の血を欲してしまうという性質を持っていた。音楽を奏でると不思議と吸血衝動が収まることに気付いた桜子は、愛する人を思いギターをかき鳴らす。そんな桜子を心配そうに見つめる小町だったが、小町も隼人にひかれ始め……というストーリー。

 大政さん演じる桜子は見た目年齢は20歳だが実年齢は170歳。美形ぞろいのバンパイアの中でもひときわ美しい容姿を誇るが、恋愛に関しては免疫力ゼロという役どころ。本田さん演じる小町は見た目年齢は20歳だが実年齢は165歳。見た目のかわいらしさとは裏腹に、いかにもバンパイアらしい性格で、わがままで残酷な一面も見え隠れするユニセックスな魅力を持つ少女だ。一方、平岡さん演じる隼人はプロのミュージシャンを目指す孤高な雰囲気を漂わせているイケメンだが「上から目線」という役どころだ。

 同ドラマのプロデューサーは「2人のバンパイアの笑っちゃうくらい不器用で命がけの恋愛模様。絶賛恋愛中の方も、近頃すっかり恋なんてご無沙汰……という方もぜひご期待ください」と話している。ドラマは4月12日から毎週金曜深夜0時52分に放送予定。(毎日新聞デジタル)