生贄のジレンマ:メディアワークス文庫の小説が実写化 監督は「デスノート」の金子修介

ブック
実写化が決まった土橋真二郎さんの小説「生贄のジレンマ」上巻

 「図書館戦争」や「アクセル・ワールド」などを生み出した電撃小説大賞の第13回で金賞を受賞した作家・土橋真二郎さんの小説「生贄(いけにえ)のジレンマ」(メディアワークス文庫)が実写化されることが明らかになった。監督は映画「ガメラ 大怪獣空中決戦」「デスノート」の金子修介さん、脚本は「L change the WorLd」の小林弘利さんが担当する。キャストや時期などは後日発表される。

 「生贄のジレンマ」は、高校の校庭に底の見えない巨大な穴ができ、生贄を要求される場面から始まる。生徒たちは自ら生贄に志願する、投票して生贄を選ぶなどの選択をしながら、裏切り、だましあいを繰り広げる……という物語。小説は上中下の3部作で発売されている。(毎日新聞デジタル)

ブック アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る