新プロジェクト「The Fool」を発表する河森正治監督(右)
新プロジェクト「The Fool」を発表する河森正治監督(右)

 人気アニメ「マクロス」シリーズを手がける河森正治監督がアニメやライブなど多角的に展開する新プロジェクト「The Fool」を始動することが21日、分かった。第1弾として織田信長やレオナルド・ダ・ビンチ、ジャンヌ・ダルクなど歴史上の人物が登場するSF作品「ノブナガ・ザ・フール」を年内に発表する。

 この日、河森監督は東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催中の「東京国際アニメフェア2013」(同実行委主催)で開いた新プロジェクトの発表会に登壇。「私は、アニメやライブ、小説などマルチに作品を展開していくのが、性に合っている。小さな枠にとらわれず、クリエーターやパフォーマーが越境していく新しい世界を作りたい」と新プロジェクトのコンセプトを説明した。

 第1弾「ノブナガ・ザ・フール」は、東洋的な世界と西洋的な世界が対立関係にある星を舞台に、織田信長ら歴史上の人物の群像劇やロボットバトルを描く。小説「華鬼」などのカズキヨネさんがキャラクター原案、NHK大河ドラマ「篤姫」などの吉俣良さんが音楽を担当する。(毎日新聞デジタル)