アニメ質問状:「はたらく魔王さま!」 ミスマッチから生まれるドラマが魅力

アニメ ブック
アニメ「 はたらく魔王さま!」の1シーン (C)和ヶ原聡司/アスキー・メディアワークス/HM Project

 話題のアニメの魅力をクリエーターに聞く「アニメ質問状」。今回は「はたらく魔王さま!」です。同作のプロデュースで、アニメーション制作の企画会社「インフィニット」の永谷敬之さんに作品の魅力を語ってもらいました。(毎日新聞デジタル)

 −−作品の概要と魅力は?

 「はたらく魔王さま!」は、異世界の魔王が現代日本でバイトに精を出す……という一風変わったファンタジーです。異世界の魔王がアルバイト生活というミスマッチ感の中から生まれるドラマが最大の魅力だと思います。そのドラマを紡ぐキャラも一癖も二癖もあり作品の世界観とマッチしているので、設定から生まれるドラマ、キャラにまつわるドラマも魅力ですね。

 −−アニメにするときに心がけたことは?

 アニメに際して特に注意したのは、作品の世界観を壊さないことです。1話の冒頭で異世界の言葉などを入れたのもその発想からで、原作者の和ケ原聡司先生に新規に言葉を作ってもらいました。また、原作のコミカルな部分も大切にしたく、特にテンポ感やキャラの顔の芝居などはメリハリを付けてます。その辺りはキャストの皆さんにもすごく助けてもらっている感じですね。

 −−作品を作るうえでうれしかったこと、逆に大変だったことは?

 実は自身で原作がある作品のアニメ化の立案をするのは初めてで、そういった意味で成立をした時はうれしかったです。また、その第1話の放送後に原作のファンの皆様のコメントをいただいたりすることもあり、多くのアニメを作ってきましたが、すごく新鮮でした。また、先にも書いた通りキャストの皆様には大いに助けてもらっているのですが、異世界の言葉「エンテ・イスラ語」に関しては各所にご迷惑を掛けたかもですね……。

 −−今後の見どころを教えてください。

 現代日本で再び出会った魔王と勇者を中心にした人間関係は注目してもらいたいですね。また、彼らはこの世界では異分子でもあるので、どのような生活をしていたりするのかといった部分や、ファンタジー作品らしい展開も用意されておりますのでご期待ください。

 −−ファンへ一言お願いします。

 4月よりいよいよ放送がスタートしましたアニメ「はたらく魔王さま!」。タイトルを見て「何だろう?」と思ったそこのあなたには、オススメの一本ですので。原作を知っている、知らないにとらわれず、まずは見てみてもらえればと思いますので、皆様、応援よろしくお願いいたします!

 インフィニット プロデュース 永谷敬之

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る