品不足で売り上げが激減したPSVita
品不足で売り上げが激減したPSVita

 ゲーム雑誌大手のエンターブレインが7日に発表した13年4月度(4月1~28日)のゲーム販売ランキングによると、2月末に値下げしたソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の携帯ゲーム機「PSVita」が前年同月の2倍近い約6万6000台を売り上げたが、前月(約23万台)に比べ4分の1に激減した。人気の集中と売れすぎによる品不足が原因という。

 ハードは任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」が月間で約22万9000台(3DS LL含む)を売り上げ、首位をキープ。4月18日に3DS LLの新色(ミント×ホワイト)とソフト「トモダチコレクション新生活」(任天堂)のダウンロード版がセットになった「トモダチコレクション新生活パック」が発売されたこともあり、3DS LLの累計販売数は300万台を超え、3DSシリーズ合計では1132万台に達した。

 ソフトは、4月18日発売の3DS用「トモダチコレクション新生活」が約56万3000本を売り上げ首位。3月20発売の3DS用「ルイージマンション2」(任天堂)が約22万5000本を売り上げ2位、12年11月8日発売の3DS用「とびだせ どうぶつの森」(任天堂)が約15万7000本を売り上げ3位にランクイン。トップ3を3DS用ソフトが独占した。

 調査は4月1~28日の4週間で、協力を得た約3600店舗の売り上げデータをもとに集計した。(毎日新聞デジタル)