中二病でも恋がしたい!:石原立也監督が語る 「中ニ病」の心を大事に

アニメ 映画
京都アニメーションのアニメ「中二病でも恋がしたい!~」に登場する小鳥遊六花(左)と富樫勇太(C)虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会

 京都アニメーションの人気アニメ「中ニ病でも恋がしたい!」で、テレビアニメ第2期の放送決定に続き、9月14日に劇場版アニメ「小鳥遊六花・改~劇場版 中二病でも恋がしたい!~」の公開が決まった。今作は、主人公の富樫勇太(とがし・ゆうた)が、空想がちな少女・小鳥遊六花(たかなし・りっか)の行動に振り回されながら、互いに引かれ合う青春ラブコメディー。今作の魅力や劇場版アニメの見どころについて、京都アニメーションの石原立也監督に聞いた。(毎日新聞デジタル)

 −−劇場版アニメの概要は?

 今回、テレビアニメ1期の総集編というやり方になりますが、そのまま(総集編を)見せても観客は面白くありません。だから六花の目線を入れつつ、新しい要素を入れると面白くなると考えています。劇場版アニメのタイトル「小鳥遊六花・改」にしたのは、六花の目線で構築したことをはっきり示すためです。

 −−他にもタイトルのアイデアはあった?

 「六花ちゃんはご機嫌ななめ」「デイドリーム・オブ・エンジェル」「堕天使にラブソングを」なども考えました。ですがスタッフの誰かが「小鳥遊六花・改」と言って、そのまま収まったのを覚えています。

 −−劇場版の狙いは?

 ミュージシャンのライブのような感じで楽しめれば。新作の映像に関しては、レイアウトも変わると思うので、劇場の画面作りを重視したいですね。ラストはテレビアニメの2期につながる構成になります。

 −−人気を博した1期を振り返ってどう感じますか。

 1期は原作のライトノベルの1巻をベースにしていますが、当時は「やり切った」というのが正直な感想でした。だから(続編の2期に)未練はなかったのですが、「やりたい」とはぼんやり思っていたし、やるとなれば原作の2巻があるとも思っていました。

 −−好きなキャラクターと、最も印象に残ったシーンは?

 誰もが好きなキャラクターですが、あえていえば凸守早苗(でこもり・さなえ)です。原作にはいないオリジナルのキャラクターですが、1期では想像以上の働きをしていたと思います。(主要メンバーの1人)くみん先輩も「地味」といわれるけど好き。印象に残ったシーンですが、個人的にはバカみたいな話が好きなので、(主人公・勇太の友だち)一色がラブレターをもらう第6話とかでしょうか。

 −−監督が作品で大事にしていることは?

 「中二病」の心を忘れないことかな。大人になっても「中二病」の心を持っている人はたくさんいて、私も大事にしています。もちろん現実には持ち込みませんが(笑い)、みんなの「中二病」の心ををくすぐることができるといいですね。

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る