PS4:ソニーの新型機 価格は399ドル

ゲーム

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は10日(米国時間)米ロサンゼルスで開かれた発表会で、年末発売予定の新型ゲーム機「プレイステーション4(PS4)」を世界で初めて披露するとともに、価格を399ドル(約3万9000円)にすることを明らかにした。欧州では399ユーロ、349ポンドにする。日本国内の価格については後日発表するとしている。ライバルにあたる米マイクロソフトの新型ゲーム機「Xbox ONE」は同日の発表会で価格を499ドル(約4万9000円)と発表しており、価格競争ではPS4が先手を打った格好だ。

 PS4は、データ処理に負荷のかかる計算を別のコンピューターやサーバーにさせる「クラウド」技術を活用するゲーム機。現行機のPS3を上回る美しい画面でゲームが楽しめるほか、ゲームのプレーを録画してインターネットにアップロードしたり、ネットワークを介してゲームの上手なプレーヤーに助けを得るアシスト機能が付く。

 また、専用コントローラー「デュアルショック4」は、従来の十字キーなどを使ったコントローラー操作に加え、タッチパネルで操作することもできるようになった。さらに、同社の携帯ゲーム機「PSVita」とも連動。ネットワークを介した「リモートプレイ」でPSVita上でPS4のほぼすべてのゲームが遊べるようになるほか、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末とも連携する。(毎日新聞デジタル)

ゲーム アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る