西内まりや:「山田くんと7人の魔女」で地上波ドラマ初主演 共演は山本裕典

マンガ テレビ
ドラマ「山田くんと7人の魔女」で主演を務める西内まりやさん(左)と山本裕典

 モデルの西内まりやさんが、8月スタートの土曜ドラマ「山田くんと7人の魔女」(フジテレビ系)で主演を務めることが明らかになった。西内さんが地上波ドラマで主演を務めるのは初で「私自身緊張もたくさんありますが、やるからにはとことんやりたいです。期待をいい意味で裏切れるような白石うららを演じたいなと思います」と意気込んでいる。共演は俳優の山本裕典さんで学校一の問題児・山田竜を演じる。

 「山田くんと7人の魔女」は、マンガ誌「週刊少年マガジン」(講談社)で連載中の吉河美希さんのマンガが原作。ドラマは、ひょんなことから体が入れ替わってしまった優等生の白石うららと、元不良で問題児の山田竜が織りなす学園青春ラブコメディー。キスすることで、自在に入れ替わることができるうららと竜はほかにもキスすることで特殊能力が発動する7人の魔女の存在に気づき、魔女探しに乗り出す……というストーリーが展開される。

 主演の西内さんは「ありえないからこそ、その世界観に引き込まれていき、(台本を)読めば読むほど面白い。1回目よりも2回目の方がもっと面白く、とても奥深い作品だなと感じたので、ドラマでも表現できればいいなと思いました。うららちゃんは、すごく演じるのが難しいですが、中身だけが山田くんに入れ替わるので、ギャップ性を大事にして演じていきたいと思います」 と話している。

 一方、6年ぶりにオーディションを受け、山田竜の役を勝ち取ったという山本さんは「気を引き締めて臨みたい」と気合十分。45分の間に今までのドラマでは見たことないくらいキスをするという同ドラマに「入れ替わった時のお互いのお芝居がすごく見どころかなと思います。キスシーンが本当にいっぱいあるので、ドキドキしたり、その後に入れ替わった芝居とのギャップを楽しんでもらえたりしたらなと思います」と語っている。

 ドラマは、8月10日から毎週土曜午後11時10分に放送予定。(毎日新聞デジタル)

マンガ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る