コミケ:カタログに初の商業誌マンガ 

マンガ
「コミックマーケット84カタログ」に掲載される「電波教師」

 週刊少年サンデー(小学館)で連載中の東毅さんのマンガ「電波教師」が、商業誌マンガでは初めて同人誌即売会「コミックマーケット」のカタログ(通称・コミケカタログ)に掲載されることが25日、明らかになった。掲載されるのは、主人公たちのコミケでの一日が描かれた第71話「憧れのコミックマーケット」で、サンデーでは4月17日発売の20号で掲載済みの作品。

 「電波教師」は、不治の病「やりたいことしかできない病」にかかっているアキバ系オタク教師が、常識破りの教育方針で生徒を導いていく学園マンガ。大学卒業後にニートとなり、日々アニメブログの更新にいそしんでいた筋金入りのオタク青年・鑑純一郎は、そんな兄の生活を心配した妹・純音の言葉に従い、高校の非常勤講師の職に就くこととなり……というストーリー。11年から連載され、コミックスは6巻まで発売中。

 今回の掲載は、「憧れのコミックマーケット」を読んだコミックマーケット準備会スタッフが、描写の正確さとマンガの面白さに驚き、「この素晴らしい作品を、ぜひすべてのコミケ参加者に知ってもらいたい」と思い立ち、東さんと編集部に依頼し、実現した。

 コミケカタログは、コミケ開催に合わせて年2回発刊される冊子で、参加サークルの紹介とその配置、概要、注意事項を含むハウツーなどで構成され、開催の約1カ月前から発売される。「憧れのコミックマーケット」が掲載される「コミックマーケット84カタログ」は7月13日に発売の予定。東さんのインタビューや描き下ろしイラスト、登場人物紹介も掲載される。(毎日新聞デジタル)

マンガ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る