富野由悠季監督:ガンダム新作を14~15年に発表 「劇場版Z」以来8年ぶり

アニメ
「機動戦士ガンダム」シリーズの新作を制作中の富野由悠季監督

 人気アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズの生みの親として知られる富野由悠季監督が同シリーズの新作を制作中であることが明らかになった。2014年にアニメ放送35周年を迎えることを記念したプロジェクトの一環で、14~15年の発表を予定しており、タイトルなどは今後、発表される。富野監督がガンダムシリーズの長編作品を制作するのは、05~06年に3部作として公開された劇場版アニメ「機動戦士Zガンダム」以来となる。

 また、35周年プロジェクトとして「機動戦士ガンダム」のキャラクターデザインを担当した安彦良和さんがファーストガンダムの世界を再構成したマンガ「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」のアニメ版が14~15年に発表予定であることも発表された。「THE ORIGIN」は01~11年に「ガンダムエース」(角川書店)で連載された作品で、連載終了時にアニメ化が発表されていた。

 今年10月からはガンダムのプラモデル「ガンプラ」をテーマにしたテレビアニメ「ガンダムビルドファイターズ」がテレビ東京系でスタートする。主人公のイオリ・セイがガンプラを操作して戦うガンプラバトル世界大会の優勝を目指す姿が描かれる。(毎日新聞デジタル)

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る