やなせたかし:「死んだら映画の宣伝になる」とブラックジョーク

映画

劇場版アニメ「それいけ!アンパンマン  とばせ!希望のハンカチ」の初日舞台あいさつが6日、東京都内で行われ、原作者のやなせたかしさん(94)が登場し、毎度おなじみとなった自作曲を披露し、自己紹介と最新劇場版をアピールした。やなせさんは、曲中で「ステージで死んだら宣伝になる」と歌い、トークでは「なんとか今のところは死なないでいるんだけど、まもなくだね。病院からはあと2~3週間しか生きられないっていわれてる」とコメント。「死ぬときは死ぬんだよ! 笑いながら死ぬんだよ。そうすれば映画の宣伝になる。死ぬまで一生懸命やるんだよ。ハハハ」と語り、司会の日本テレビ・藤井恒久アナウンサーは「先生、ご冗談ばっかり……」と困惑していた。

 舞台あいさつには、ゲスト声優を務めた本仮屋ユイカさんと、「アンパンマンのマーチ」を歌う双子デュオ「ドリーミング」のちよさんとかよさんも出席。今年でアニメ放映25年を迎える「それいけ!アンパンマン」と同じ25歳の本仮屋さんは「同い年だなんて、本当に光栄で自慢です」と笑顔。「ドリーミング」のちよさんは「アンパンマンの歌を歌い続けて25年。ネットで私たちが3代目だっていううわさが流れているようなんですが、(冗談で)やなせ先生も3代目がいちばん可愛いって言ってくださるんですよ。でも先生は『目が見えなくなった』って言ってたのでガックリしてるんですけど」と話し、会場の笑いを誘った。

 「とばせ!希望のハンカチ」は劇場版25作目。「希望」をテーマに、“空をきれいにできるハンカチ”を鼻から出そうと毎日練習しているパオと、アンパンマンたちの交流を描く。(毎日新聞デジタル)

映画 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る