雨上がり決死隊:ブレークのきっかけは関テレ? 55周年で思い出語る 記念特番13日放送

テレビ
13日放送の「クイズ!世界一の関西人~すごくてオモロイ!天才・超人ザックザクSP~」の1シーン(左から)「雨上がり決死隊」の蛍原徹さん、宮迫博之さん、ハイヒールモモコさん=関西テレビ提供

 13日放送の関西テレビ開局55周年記念番組「クイズ!世界一の関西人~すごくてオモロイ!天才・超人ザックザクSP~」に出演するお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の蛍原徹さんと宮迫博之さんが、収録後に関西テレビでの思い出などを語った。蛍原さんは「ほんまにデビューしたばっかりの頃、深夜番組『爆笑ゴングショー』に出させてもらったんですよね」としみじみと語り、「それで若手芸人たちが若い子に見てもらえるようになって、劇場にも足を運んでくれるようになって。僕たちの仕事が増えるきっかけになった」と明かした。

 番組は、いろいろな分野で活躍する“世界一”の関西人たちを、クイズ形式で紹介するバラエティーで、今回パネラーとして登場する宮迫さんは「僕も55周年を背負いながら、一生懸命やらせてもらいました」と笑顔でコメント。続けて「我々の住んでる関西にこんなにも世界一がいるんだってことを誇りに思ってもらえる番組。自分もやろうと思えば、何かできるんじゃないかって思わせてくれる映像がたくさん見られますので、ぜひ見てもらいたい」とアピールした。

 「雨上がり決死隊」の2人に加え、番組にはハイヒール・モモコさん、平愛梨さん、ケンドーコバヤシさんも出演。アシスタント役の滝裕可里さん、進行役の高橋真理恵アナウンサーを両サイドに携えたMC役の蛍原さんに対し、モモコさんが「女子に囲まれてイキっとんな!」と関西弁でやじを飛ばす一幕もあったという。

 「筋肉ムキムキのおじいちゃん」「セクシー美男美女コンビ」「世界一なのに貧乏な男性」「115歳のおばあちゃん」といった超人に関するクイズへのパネラーたちの自由すぎる解答には、蛍原さんが「(ボケてないで)ちゃんと答えろ」と思わず注意。さらに「4歳の天才チビッコは、一体何の世界一なのか?」との問い、平さんから奇跡の珍解答が飛び出すと、すかさず周りの芸人たちが「天才か!」と突っ込み、スタジオは爆笑の渦に包まれた。

 番組は、13日午後3時~同4時半に関西テレビ(関西ローカル)で放送される。(毎日新聞デジタル)

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る