MD松尾のヒット解析:「ピクミン3」、“マリオ級”の好スタート 「妖怪ウォッチ」続く

ゲーム

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 実に9年ぶりの新作となった「ピクミン3」(WiiU、任天堂)が好スタート。TSUTAYAではローンチタイトルの「New スーパーマリオ U」(同)に匹敵する売れ行きで、WiiU本体の販売も大きくけん引しました、2位は「妖怪ウォッチ」(3DS、レベルファイブ)。新規タイトルですが、人気シリーズの「ダンボール戦機 爆ブースト」を上回る好スタートとなりました。3位は「地球防衛軍4」(PS3、ディースリーパブリッシャー)。この勢いだとロングセラーになりそうです。

 ◇今週の動き

 トップは「マリオ&ルイージRPG4」(3DS、任天堂)と予想。今人気の本田翼さんを起用したCMも魅力的で予約も好調。ロングセラータイトルとしても期待しています。2位には「ピクミン3」が残り、3位には新作の「ダンボール戦機W 超カスタム」(3DS、レベルファイブ)が入りそうです。

 ◇ランキングは次の通り。(8~14日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 ピクミン3(WiiU)

2位 妖怪ウォッチ(3DS)

3位 地球防衛軍4(PS3)

4位 討鬼伝(Vita)

5位 討鬼伝(PSP)

6位 デッドアイランド:リップタイド(PS3)

7位 New スーパールイージ U(WiiU)

8位 トモダチコレクション 新生活(3DS)

9位 ガンダムブレイカー(PS3)

10位 ラスト・オブ・アス(PS3)

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約500店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。96年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。02年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。

関連外部リンク

ゲーム アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る