MF文庫J:人気ラノベ5作品をアニメ化 異例の一挙発表 「ノーゲーム・ノーライフ」など

アニメ ブック
アニメ化が発表された榎宮祐さんのライトノベル「ノーゲーム・ノーライフ」

 人気ライトノベルレーベル「MF文庫J」(メディアファクトリー)の5作品「ノーゲーム・ノーライフ」「精霊使いの剣舞(ブレイドダンス)」「魔弾の王と戦姫(ヴァナディース)」「星刻の竜騎士(ドラグナー)」「魔法戦争」のアニメ化が28日、東京・秋葉原で開かれたイベント「MF文庫J『夏の学園祭2013』」の内の公開録音ステージで明らかになった。アニメ化は通常、タイトルごとに発表するが、異例の5タイトルまとめての発表に会場はどよめきに包まれた。

 「ノーゲーム・ノーライフ」は、異世界に召喚された天才ゲーマー兄妹が、ファンタジーならではの痛快な攻略法を繰り広げるという展開。作者の榎宮祐さんは、アニメで人気を博した人気ライトノベル「いつか天魔の黒ウサギ」(富士見書房)のイラストも手掛けたことでも知られる。執筆と絵の分業制が確立しているライトノベル業界では珍しく、自身で両方を作業するスタイルで話題になった。

 「精霊使いの剣舞」(志瑞祐著、桜はんぺん画)は、精霊使いになってしまった主人公と個性的なヒロインたちの姿を描く。「魔弾の王と戦姫」(川口士著、よし☆ヲ画)は、弓の名手である田舎貴族の少年が、敵である最強の姫に気に入られ、活躍するというファンタジー。「星刻の竜騎士」(瑞智士記著、〆鯖コハダ画)は、美少女の姿をしたドラゴンをパートナーにした主人公の奮闘を描いた作品。「魔法戦争」(スズキヒサシ作、瑠奈璃亜画)は、魔法使いの少女と出会って、自身も魔法使いになった高校生の戦いを描いたアクションとなる。(毎日新聞デジタル)

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る