「聖闘士星矢 セインティア翔」のイラスト=秋田書店提供
「聖闘士星矢 セインティア翔」のイラスト=秋田書店提供

 雑誌やウェブで始まった注目作を取り上げる「マンガ新連載」。1980年代後半から90年代前半にかけて人気を博した車田正美さんのマンガ「聖闘士星矢」のスピンオフ作品「聖闘士星矢 セインティア翔」が、19日発売の月刊マンガ誌「チャンピオンRED」(秋田書店)10月号で始まった。

 「セインティア翔」は、「聖闘士星矢」の本編で描かれた「サガの乱」が終結した直後が舞台となる。「聖闘士星矢」では少年・星矢らが女神・アテナを守るために戦ったが、今作ではアテナを守る聖闘少女(セインティア)が邪神と戦う姿が描かれる。作画は「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」「戦国BASARA2」のコミカライズを手がけた久織ちまきさんが担当している。

 ◇チャンピオンRED編集部 小林康毅さん

 車田正美先生が長く温めていた企画がついに実現!  新たな「星矢」シリーズが開幕です!!  今回は「聖闘士星矢」本編の十二宮編の前後の時間軸で物語が進行していきます。アテナ沙織を守護する聖闘少女(セインティア)たちが主人公ということで、これまでとは全く違ったアプローチで、バトルと成長が描かれます。少女ならではの繊細に紡がれていく心情の描写、そしてゲスト出演する本編の聖闘士たちにも注目してください。

 マンガを担当する久織ちまき先生は「二次元の初恋の相手はキグナス氷河でした!」と熱く語る“星矢愛”に満ちあふれた実力派。華麗に、そして熱く、原稿用紙に魂を刻んでいただいております!

 「黄金のリンゴ」といえば、星矢ファンにはピンと来るかと。そう、今回の敵は映画にも登場したあの邪神です!  神々の闘争に巻き込まれていく少女たち、ご声援よろしくお願いいたします!!