剛力彩芽:「壁ドン」に胸キュン 初主演映画を語る

映画

 女優の剛力彩芽さんが、初主演映画「L・DK」(川村泰祐監督)の撮影の合間に取材に応じ、恋愛ものの難しさを語った。高校生の制服を着るのが1年半ぶりだという剛力さんは、自身の制服姿に「全然まだまだいけるな」と自信を見せたが、恋愛マンガの王道といわれる原作については「恥ずかしい言葉だらけで『私がこの芝居するのか』って思った。恋愛ものっていうのは挑戦だな」と苦笑。撮影を終えたシーンの中で印象的なシーンを聞かれると「映画冒頭の『壁ドン』のシーンはキュンときました!」と笑顔で語った。

 壁ドンは、壁際に立つ女性に向かって、男性が壁に手を「ドン」と置いて耳元でささやくという恋愛ドラマやマンガでよくあるシーンのことで、剛力さんは「すごく恥ずかしかった。(相手役の)山崎(賢人)くんは楽しんでやっていた感じです。いたずらっ子だなという感じ」と振り返った。山崎さんは「ああ、これが恋愛の王道かと思った。恥ずかしいけど女の子のキュンキュンする気持ちになるのは大事かな」と原作の感想を語り、壁ドンのシーンについては、「思いっきりやってやろうと思った。マンガのシーンをやるのは楽しい。すっげー顔を近づけてやろうと思った」と、ちゃめっ気たっぷりに語った。

 映画は、渡辺あゆさんが「別冊フレンド」(講談社)で09年から連載する同名の人気少女マンガが原作。タイトルの「L・DK」は「ラブ同居」の略。映画は、ぼや騒ぎがきっかけで、剛力さん演じる直情型で暴走しがちな西森葵と、山崎さん演じる学校一の“ツンデレイケメン”の久我山柊聖(しゅうせい)がひとつ屋根の下に住むことになり、秘密の同居生活がスタートする……という内容。演じる葵について、剛力さんは「普通に可愛い子なんですがそれが一番難しい。監督が細かく丁寧にやってくれるのでやりやすいです」といい、「マンガ原作で、リアクションが結構可愛いので、マンガから表現を引っ張っていきたい。皆さんに胸キュンしていただけたら」と意気込んでいる。

 この日は、学校内での撮影の最終日で、葵のクラスの担任・恩田先生役を演じることになったお笑い芸人の藤井隆さんも現場に登場。授業を聞いていない葵を注意するシーンの撮影では、かなり剛力さんの顔に近づいて熱演し、現場スタッフの笑いを誘っていた。映画は14年春に公開予定。(毎日新聞デジタル)

映画 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る