MD松尾のヒット解析:「モンスターハンター4」がダントツ

ゲーム

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 「モンスターハンター4」(3DS、カプコン)が期待通りの大ヒットを記録しました。年齢層では21~23歳が最も多く、2010年の「モンスターハンターポータブル3rd」(PSP、同)のメインユーザーだった18~20歳のファンが、3年後の今回もしっかりついてきてくれているということでしょう。一方、現在18~20歳のユーザーの伸びしろがまだあるということも証明しており、今後もまだまだ売れるでしょう。

 3DS本体も前週比で4倍もの販売を記録しており、本体のけん引にも貢献しています。一部で売り切れたお店もあったようですが、コンスタントに出荷があるようなので、大欠品ということはなさそう。2位の「AKB1/149 恋愛総選挙」(PS3、バンダイナムコゲームス)は初回限定版が売れました。

 ◇今週の動き

 今週も「モンスターハンター4」がトップでしょう。

 ◇ランキングは次の通り。(9~15日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 モンスターハンター4(3DS)

2位 AKB1/149 恋愛総選挙(PS3)

3位 ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル(PS3)

4位 スプリンターセル ブラックリスト(PS3)

5位 BROTHERS CONFLICT Brilliant Blue(PSP)

6位 ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ(3DS)

7位 マリオ&ルイージRPG4(3DS)

8位 KILLZONE:MERCENARY(Vita)

9位 パペッティア(PS3)

10位 ラグナロク オデッセイ エース(Vita)

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約550店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。96年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。02年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。

関連外部リンク

ゲーム アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る