ゲームショウ2013:一般初日は過去最多の10万2400人が来場 新型機効果で初の大台突破

ゲーム

 幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催中のゲーム展示会「東京ゲームショウ2013」は3日目の21日、一般公開の初日を迎え、1日の動員数としては過去最多となる約10万2400人が来場した。これまでの最多記録は昨年の一般公開初日(3日目)の約9万5000人で、1日あたりの来場者数が10万人の大台を突破したのは18年の同イベントの歴史で初めて。

 21日は、一般入場の午前10時に先立ち、午前9時半に優先者の入場が始まった。しかしソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の新型ゲーム機「プレイステーション(PS)4」の試遊コーナーには、希望者が殺到し、優先者の入場からわずか20分足らずで配布を一時的に差し止めるなど、人気を集めた。事務局は過去最高の来場者数となった理由について「(PS4など発売前の)新型ゲーム機がお披露目された効果ではないか」と分析している。

 22日は最終日で、入場料は一般1200円、小学生以下は無料。(毎日新聞デジタル)

ゲーム アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る