モーニング:新人賞に原発ルポマンガ 48歳新人が福島第1での実体験描く

マンガ
「第34回MANGA OPEN」の大賞を受賞した竜田一人さんの「いちえふ 福島第一原子力発電所案内記」の扉絵=講談社提供

 事故後の福島第1原発で作業員として働いた経験をつづったルポマンガ「いちえふ 福島第一原子力発電所案内記」が週刊マンガ誌「モーニング」(講談社)主催の新人賞「第34回MANGA OPEN」の大賞に輝いたことが3日、分かった。作者は48歳の竜田一人(たつた・かずと)さん(ペンネーム)で、同作は3日発売の同誌44号に冒頭4ページをカラーに変更して掲載。竜田さんはこれが商業誌デビューとなった。同誌編集部によると、ルポマンガが大賞を受賞するのは初めてで、新人賞の受賞作をカラーで掲載するのは異例だという。

 「MANGA OPEN」はマンガだけでなく、マンガ原作やイラスト、CG、アニメ、ゲーム、映画、音楽、フィギュアなど多ジャンルの作品を対象とした新人賞で、1997年から毎年2回発表。今回は「グラゼニ」の原作者の森高夕次さんと「メロポンだし!」の東村アキコさんが選考委員を務めた。

 「いちえふ 福島第一原子力発電所案内記」は、竜田さんが東日本大震災の後、同原発の作業員になった経緯や“1F(いちえふ)”と呼ばれる福島第1原発で働く様子を描いたルポマンガ。防護服に身を包み、自身の被ばく線量を測定しながら働く現場や立ち入り禁止となっている原発周辺の状況などが描かれている。

 竜田さんはルポマンガを描いたきっかけを「センセーショナルに取り上げがちなあの場所ですが、実際の現場の空気感みたいなものを伝えられればと、こんな作品を描きました」と説明し「収束作業はまだまだこれからですが、現場は必ずやりとげる覚悟で臨んでいます。扇情的な報道に踊らされることなく、冷静に見守っていただけるように願っております」と読者にメッセージを寄せている。

 選考委員の森高さんは「物書きとしての本質を体現していると思える迫力があった! とんでもない熱量を秘めた作品」、東村さんは「圧倒されました。文句なしの大賞です」と絶賛している。作品は、同日配信の電子書籍版「Dモーニング」にも掲載されている。(毎日新聞デジタル)

関連外部リンク

マンガ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る