堺雅人:断捨離し過ぎで「もてない男」 妻・菅野美穂との結婚生活の話題も

テレビ
「笑っていいとも!」に出演した堺雅人さん

 今世紀連続ドラマ最高の視聴率42.2%を記録した「半沢直樹」(TBS系)で主演を務め、続けて主演の新シリーズ「リーガルハイ」(フジテレビ系)がスタートする俳優の堺雅人さんが9日、昼のバラエティー番組「笑っていいとも!」(フジテレビ系)の「テレフォンショッキング」のコーナーに生出演した。無趣味だという堺さんは、タモリさんに「ドラマが暇になったら何するの?」と聞かれ、「特にないですね。衣替え?大掃除とか……。部屋は何にもないですね。来た人に楽屋か?と言われたことがある。断捨離しすぎて、もてない男……」と、プライベートを語った。

 堺さんは「(物を)すぐ捨てます。それで後悔したこともよくある。棚にペンディングスペースがあるけれど、そこがいっぱいになると捨てちゃう。台本も捨てる。日記も昔付けてましたが、捨てましたね」と笑いながら明かし、タモリさんに「気持ちいい男だね! 武士だね」と感心されたが、「結婚してどうなの?」と、妻で女優の菅野美穂さんとの結婚生活について突っ込まれると、腕を組んで照れながらも「妻が(物を)結構ためるというか。輪ゴムは、そういえば妻、持って(ためて)たなー」と笑顔で振り返った。

 菅野さんについては「そういえば、結婚したんだよね。忙しい中でもやってるんだね」とタモリさんに振られ、会場から祝福されると「4月ですね今年の春に。はあ、まあ、そうです……」と照れながら結婚報告。堺さんは「(タモリさんは)妻と誕生日が一緒なんですね」と切り返したが、タモリさんから「ずっと(菅野さんと)一緒に誕生会しようねって話してた」と聞かされると、「うちの妻とそういう話をしてたんですか? 全然聞いてない!」と驚いていた。

 「半沢直樹」と「リーガルハイ」の新シリーズとドラマ出演が続く堺さんは「ちょっと、3日くらい休んで、『リーガルハイ』に入った」と、多忙ぶりを明かしたが、疲れは「あんまり。ドラマ撮影中の休み時間もせりふを覚えているので待ち疲れはないですね」と元気いっぱい。タモリさんに「せりふ覚えるの、大好きなの?」と聞かれると「いや、大好きではないです(笑い)。しぶしぶ……。ぎりぎりまでやって、受験勉強と一緒。毎日テストが続きましたね」と明かした。タモリさんに難しかったせりふを聞かれると、「僕、数字が覚えられないんですよ。(「半沢直樹」の舞台の)銀行ではいっぱい出てくるんですよ!」と、髪を振り乱しながら熱弁、「せりふは筋で覚える。数字って筋とまったく関係ないから、せりふに数字が出てくると飛ぶんです」と苦労を明かした。さらに「(2作の役柄は)切り替えてないですね。(だから)前半ちょっと残る。あんまり役だからといって変えていない、あ、分け目が変わりました!」と、裏話を披露していた。

 「半沢直樹」は、小説「下町ロケット」で直木賞を受賞した作家の池井戸潤さんの人気小説「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」が原作。主人公・半沢の「倍返し」の決めぜりふも人気で、放送終了後も、まんじゅうなどのグッズ販売、続編や台湾や韓国など海外から放送権をめぐるオファー殺到などで、話題を集めている。「リーガルハイ」は、「法律」と「笑い」という相反する二つの要素が絶妙に組み合わさったコメディーとして12年4月期に第1シリーズが放送され、第50回ギャラクシー賞、第39回放送文化基金賞など、数々の賞を獲得した連続ドラマ。今回から新レギュラーとして、小雪さん、岡田将生さん、黒木華さんらが出演する。毎週水曜午後10時放送。(毎日新聞デジタル)

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る