志穂美悦子:長渕剛の妻がフラワーアレンジメント教室開催

芸能

 シンガー・ソングライターの長渕剛さんの妻・悦子さんが、12月8日にホテル日航東京(東京都港区台場1)でフラワーアレンジメント教室を開催することが10日、明らかになった。悦子さんは、1970~80年代にアクション女優・志穂美悦子として活躍。一世を風靡(ふうび)したが、87年に結婚後は芸能界を引退し、子育てに専念していた。最近は2011年の東日本大震災を機にチャリティーに生かそうと自身のライフワークであるフラワーアートの分野で活躍している。

 「長渕悦子×志穂美悦子 フラワーアレンジメントワークショップ」と題した教室は、今年8月に続いて2回目の開催となる。2人1組、もしくは1人での参加が可能で、クリスマスシーズンに向けて、装飾やパーティーにぴったりのブーケやテーブルアレンジメントを制作する。また、制作後には同ホテルオリジナルのケーキとドリンクが提供される。参加費は2人で2万円、1人の場合は1万1000円。

 長渕さんは、2011年11月に東日本大震災復興特別企画として、自身のライフワークであるフラワーアートをまとめた書籍「INSPIRE Vol.1」を出版し、売り上げのすべてを寄付した。12年3月にNHK BSプレミアム「美の壺」に出演し、同年5月には「INSPIRE Vol.2」を発売。今年9月にはニューヨークを舞台にフラワーアレンジに挑戦した「INSPIRE Vol.3 IN NEW YORK」を発売した。剛さんとは86年にドラマ「親子ゲーム」での共演をきっかけに結婚。長女は女優、長男はヒップホップミュージシャン、次男はレーシングドライバーとして活動している。(毎日新聞デジタル)

芸能 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る