井上雄彦:スラムダンク作者が伊勢神宮に墨絵奉納 19日から特別公開

芸能 マンガ

 「スラムダンク」などで知られるマンガ家の井上雄彦さんが、20年ごとに社殿を建て替える式年遷宮(しきねんせんぐう)に合わせ伊勢神宮(三重県伊勢市)に奉納する墨絵「承」が、19日から現地で特別公開されることが明らかになった。井上さんが文化、技術、伝統などの「継承」をテーマに描いた幅約188センチ、高さ約24センチの作品で、特別公開は東京、福岡でも行われる。

 墨絵「承」は、日本の伝統行事「遷宮」に目を向けた井上さんの書籍「承 井上雄彦 pepita2」(日経BP社)の取材を通し、古来、繰り返されてきた「遷宮」という営みに秘められた日本人の根底に流れる「承の心」に触れた井上さんが、2013年8~9月に15日間をかけて描き上げた。井上さんは伊勢神宮について「自分の内側へと向かわせる空気に満ちている場所」と話しており、書籍の付属DVDに収録された作画風景のダイジェスト版が動画サイト「YouTube」で公開されている。

 特別公開は、10月19日~11月4日に伊勢神宮、11月9~17日に東京大神宮(東京都千代田区)、14年1月18日~2月16日に太宰府天満宮(福岡県太宰府市)で開催。会場では井上さんが取材時に残したスケッチなども展示される。

 井上さんは、国内発行1億部突破の人気バスケットボールマンガ「スラムダンク」の作者として知られ、モーニング(講談社)で「バカボンド」、週刊ヤングジャンプ(集英社)で「リアル」を連載中。11年には浄土真宗の宗祖・親鸞の屏風絵「親鸞」を制作し、東本願寺(京都市下京区)で一般公開されて大きな話題を集めた。(毎日新聞デジタル)

芸能 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る