マンガ質問状:「実は私は」 アホ可愛い人外ヒロイン満載のラブコメ作品

マンガ
増田英二さんの「実は私は」(秋田書店)1巻

 話題のマンガの魅力を担当編集が語る「マンガ質問状」。今回は、増田英二さんの「実は私は」です。秋田書店「週刊少年チャンピオン」編集部の武川新吾さんに作品の魅力を聞きました。

 −−この作品の魅力は?

 隠しごとのできない主人公・黒峰朝陽が好きになったのは、実は正体が吸血鬼の白神葉子。このまま一緒の高校生活を続けるために、2人だけの秘密を守る決意をした朝陽。不器用でスリリングな恋の行方は!? 吸血鬼だけではなく、宇宙人、狼男(♀)、悪魔っ娘など、にぎやかな人外ヒロインたち満載のラブコメです。そのヒロインすべてがアホ可愛いところがやみつきになるかと思います。

 −−作品が生まれたきっかけは?

 「週刊少年チャンピオン」で連載していた増田先生の前作「さくらDISCORD」が自己主張が強めの作品だったので、今作は1話の中に用意した楽しみどころを読者にお好みで拾っていただけるような作品作りを増田先生と打ち合わせしました。登場するキャラクターたちの明るく楽しいテンションが読んで気に入っていただいた方に、「ゾンビ」のように感染していくような感じを増田先生にお伝えしたかと思います。そうしたら上がってきた1話目ネームが「ゾンビ」ではなく「吸血鬼」ものでした(笑い)。

 −−編集者として作品を担当して、今だから笑えるけれど当時は大変だったエピソードを教えてください。

 登場するヒロインキャラクターが、出る娘、出る娘みんなアホ可愛い娘なので、連載初期のころは、楽しい作品であることの確信はしていましたが、本当にみんなアホでいいのかと割と真剣に悩んでました。もはや迷いはないですが。

 −−今後の展開は?

 もっともっとアホ可愛い人外ヒロインたちが登場すると思います。いや、むしろ登場させたいです。どんな新しい人外ヒロインが登場するか読者の皆様に期待を持って予想していただけるような、楽しい作品内容を目指します。

 −−読者へ一言お願いします。

 さらに読者の皆様に楽しんでいただけるよう、登場するヒロインたちを好きになっていただけるよう、増田先生と楽しみながら全力で作品作りに取り組ませていただきます。ちなみに、某ハリウッドスターが「実は私は」を、リツイートしたのは何かの事故だと思います(笑い)。事故でもうれしかったですが。秋田書店オンラインストア(http://store.akitashoten.co.jp/)でオリジナルTシャツも販売中(11月20日予約締め切り)です!

 秋田書店 週刊少年チャンピオン編集部 武川新吾

マンガ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る