浪川大輔:“日本一忙しい声優”曲折の歩み

アニメ
声優への思いを語る浪川大輔さん

 15日に放送されるアニメスペシャル「ルパン三世 princess of the breeze ~隠された空中都市~」(日本テレビ系)で、石川五エ門役を務める声優の浪川大輔さん。アニメ、吹き替えなど15本以上のレギュラーを持つ売れっ子だが、その道は決して平坦なものではなかった。「日本で最も忙しい男性声優」と呼ばれることもある浪川さんに紆余(うよ)曲折もあった声優としての歩みを聞いた。(立山夏行/毎日新聞デジタル)

 浪川さんは、五エ門役のほか、「HUNTER×HUNTER」の暗殺者・ヒソカ役、「ペルソナ4」の主人公・鳴上悠役などヒット作のキーパーソンを担当。また、「ロミオ+ジュリエット」のレオナルド・ディカプリオさんや、「ロード・オブ・ザ・リング」のイライジャ・ウッドさんら海外スターの吹き替えも務めており、多いときは一日7本もの収録を抱える人気声優だ。

 9歳の時に児童劇団に入り、子役としてデビュー。最初の仕事が声優としての吹き替えだった。その後「E.T.」「ネバーエンディング・ストーリー」「グーニーズ」など海外のヒット作で主人公の吹き替えを担当。アニメでも「機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争」で主人公のアル役を務めるなど人気作に恵まれた。

 一方、当の浪川さんは恥ずかしがり屋で、人前に立つのも苦手だったといい、出演作が公開されても「周囲にからかわれるのがいやだった」と話す。中学時代は思春期に入ったこともあり、台本を読み込まずに現場に入ったりと、「調子に乗っていて、適当にやっていたと言われても仕方がない状態だった」と語る。高校時代は、部活でやっていたハンドボールで東京都代表にも選出されるなど、充実した学生生活を過ごしたが、一方で声優の仕事からは遠ざかっていき、やがてオファーもなくなっていった。「仕事が『一番』じゃなかったんでしょうね」と当時を振り返る。

 しかし、大学時代に心理学を学び、「人が喜んでいる姿を見たい」と考えるようになり、自分の演技で相手を喜ばせることができる俳優や声優の魅力を再確認。再び声優の道を志したが、かつて「調子に乗っていた」浪川さんに、仕事はほとんどなかったという。

 そんな浪川さんだったが、「考え方を変えなければいけないが、ちゃんとやれば大丈夫」とアドバイスを受け、知人の薦めで海外作品のオーディションに積極的に参加。「スター・ウォーズ」のアナキン・スカイウォーカー役、「ロード・オブ・ザ・リング」のフロド役などの当たり役を射止めた。しばらくは会社員との“二足のわらじ”状態は続いたものの、役に臨む姿勢が評価され、次第に仕事が増えていった。

 「努力しているところは見せたくない」と話す浪川さんだが、家では五エ門の決めぜりふを何百回も練習したりと役への思い入れは人一倍だ。“干された”時期もあっただけに「つらい時に声をかけてくれた人たちのためにも頑張らなければ」といつも考えているという。

 芸歴は29年目。「15年くらいは仕事が少なかったですけどね」と苦労話を笑い飛ばす浪川さんを慕う後輩声優も多い。若手の相談を受けることも多く、後輩たちの発案で毎月浪川さんを囲む食事会が開かれるほど。「ルパン三世」で峰不二子役を務める沢城みゆきさんも「ダメなところもあるけれど、現場の空気に敏感で、飾らないのに射抜くような優しい言葉を言ってくれる」と信頼を寄せている。

 会社員時代の経験から「お互いに笑っている方が得をする」と感じた。「たとえ笑われていたとしても、笑っていることに変わりはない。熱血漢からキザな役までいろんな役をやって、浪川がいると面白そうだと思ってもらいたい」と語る浪川さん。「体力だけはある。仕事がなくなるのが怖いんです」とさらなる意欲をみせる浪川さんの多忙な日々はこれからも続きそうだ。

 「ルパン三世 princess of the breeze ~隠された空中都市~」は、日本テレビ系で15日午後9時から放送。

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る