ルパン三世:14年夏に小栗旬で実写映画化! 峰不二子は黒木メイサ

映画 マンガ
(C)2014 映画「ルパン三世」製作委員会

 人気作「ルパン三世」が、2014年夏に実写映画化されることが27日、分かった。ルパン三世を小栗旬さん、峰不二子を黒木メイサさん、次元大介を玉山鉄二さん、石川五ェ門を綾野剛さん、銭形幸一警部を浅野忠信さんが演じる。小栗さんはルパンを再現するため、10カ月に及ぶアクショントレーニングをし、8キロの減量をして撮影に臨んでいる。映画「あずみ」「ゴジラ FINAL WARS」などの北村龍平監督が手がけ、脚本は「クローズZERO」などの山本又一朗さんが担当する。

 ルパンを演じる小栗さんは「多くの皆さんの中にそれぞれのルパン三世がいると思いますが、若い世代にも、リアルルパン世代にも楽しんでいただけるルパン三世をお届けできるように、(撮影をしている)タイの暑さと闘いつつ頑張っています」とコメント。「特にアクションは、発想が面白く、楽しんで取り組んでいます。精いっぱい頑張ります!」と意気込んでいる。

 原作者のモンキー・パンチさんは「出演者の皆さんは、どなたも本当に魅力的で、まさにマンガ、アニメのルパン三世のキャラクターたちが現実世界に飛び出して来たようだと感動しました」と絶賛。「作品の完成を本当に楽しみにしています」と期待を寄せている。

 実写映画は、ルパンと不二子、次元大介、石川五ェ門、そして銭形幸一警部らの出会いや、いかにして“ルパン一味”が結成されたのかが描かれる。原作マンガやアニメの魅力と世界観をそのままにし、実写ならではのアクションシーンをプラスした。映画のオリジナルキャラクターで、ルパンの宿敵となるマイケル・リーが登場。台湾の人気グループ「F4」として活動しているジェリー・イェンさんが演じる。ほかに、タイの俳優のタナヨン・ウォンタラクンさん、韓国のキム・ジュンさんらも出演する。10月3日にクランクイン。日本で約1週間の撮影をし、現在は年末の撮影終了に向けてタイで2カ月間におよぶロケを行っている。(毎日新聞デジタル)

映画 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る