マンガ質問状:「一週間フレンズ。」 イージーモードでは過ごせない青春時代

アニメ マンガ
「一週間フレンズ。」(スクウェア・エニックス)

 話題のマンガの魅力を担当編集が語る「マンガ質問状」。今回は、アニメ化も決定している「一週間フレンズ。」です。スクウェア・エニックス「ガンガンJOKER」編集部の湯本彰伸さんに作品の魅力を聞きました。

 −−この作品の魅力は?

 大事な友達の記憶を1週間で忘れてしまう香織と、彼女と友達になりたい祐樹。二人が繰り返し、積み重ねていく数々の1週間は、確かにつらく困難なものです。ですが、何度でも友達になろうとする祐樹や香織たちの姿は、青臭くもあるけれど、とても一生懸命で温かいものです。「友達になる」ということと真っ正面から向き合う彼らに、同年代の方々はもちろん、かつて青春時代を過ごした方々も、何かしら共感してもらえるものと思います。

 −−作品が生まれたきっかけは?

 最初、葉月抹茶さんとは「別れる可能性をはらんだ恋愛もの」という企画を進めていました。そこからいろいろ案を出し合ったり、いろんな作品を見たり読んだりしながら、前作の「君と紙ヒコーキと。」のテーマが「幼なじみ」だったのに対して、次回作は「友達」をテーマにしようとなりました。それと同時に「友達になる」ことと正面から向き合っていくキャラクターたちが生まれていきました。

 −−編集者として作品を担当して、今だから笑えるけれど当時は大変だったナイショのエピソードを教えてください。

 コミックス1巻を作っているときに、葉月先生の原稿修正の量が半端なく多かったときです(笑い)。前作では、そこまで修正がなかったので、今回もあまりないかなーと思って、「修正がありましたら、いついつまでに送ってください~」という話をしていたら、その日になって1冊まるまるに近い修正原稿が! 先生の作品への愛情と絶対直しておきたい!という情熱を感じました。2巻からは最初に「どのくらい修正ありますか?」と聞くようになりました(笑い)。

 −−今後の展開は?

 修学旅行編ということで、楽しい時間を過ごしている香織たちです。将吾と沙希のわだかまりにも一応決着がついたようで、気になるのは祐樹がモヤっと思っていること。「香織の特別な友達ではなくなってきているのではないか」という点ですよね。記憶のリセットが起きたあとの香織は、祐樹たちと再び友達関係を築いているようですが、リセット前の香織とは確実に違う香織なわけで……。祐樹の予感がどんなふうに物語に絡んでいくのか、僕も葉月先生と一緒にキャラたちの動きを追っていきたいな、と思っています。

 −−読者へ一言お願いします。

 ガンガンJOKER12月号、そしてコミックス4巻にてテレビアニメ化が発表された「一週間フレンズ。」。誰もが経験したことのあるような、イージーモードでは過ごせない青春時代。だからこそ何度でもチャレンジし続けるキャラクターたちに、きっと共感してもらえるのではないでしょうか。ダメになったらそこで終わりではなくて、何度でも挑戦していく、という意志を感じていただけたらと思います。ほんわかした雰囲気の中に、心を打つアツさもある「一週間フレンズ。」をよろしくお願いします。

 スクウェア・エニックス ガンガンJOKER編集部 湯本彰伸

関連外部リンク

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る