アニメ市場:映画の主役に 「萌え」減り一般化進む オリジナルの存在感も

アニメ ブック 映画 マンガ
アニメ「進撃の巨人」(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

 2013年は、後にアニメ全般の変わり目の年として振り返られるかもしれない。 13年映画の興行成績(興行通信社調べ)によると、アニメが、テレビドラマ原作と入れ替わる形で主役にのし上がった。「風立ちぬ」が約120億円、「モンスターズ・ユニバーシティ」が約90億円、「ONE PIECE FILM Z」が約69億円とトップ3を独占、上位10作品のうち六つがアニメだった。既に「アニメは子供の見るもの」という考えは過去のもので、家族で見られる大衆娯楽の地位を獲得したのだろう。

 さらに深夜アニメにも動きがあり、「一部のマニアが見るもので、熱心な原作ファンやアニメ好きにアピールすればいい」という図式が崩れつつある。今年一番の話題作となった「進撃の巨人」は、「街を囲む高い壁を超える巨人」に、非力な人間がワイヤーを駆使した立体機動で立ち向かうアクション性の高さで、原作を知らない初見の視聴者でさえ引き込まれるインパクトがあり、わかりやすい作品だ。大ヒットした原作のアニメ化という前提を抜きにして「面白いテレビ番組」であるし、主題歌を担当した「Linked Horizon」が紅白出場歌手に選ばれたように一般層へ広がっている。

 もはや定番となっているライトノベル・小説の原作アニメも「萌(も)えやお色気要素が全開」といった作品は以前より目立たず、一般化が進んでいる。例えば「ソードアート・オンライン」は仮想現実の中で人が死ぬと、現実でも死んでしまう……といったSFのような設定を持ち込んだ。また「はたらく魔王さま!」は「魔王と勇者」という王道ファンタジーに社会人の悲喜こもごもを掛けあわせており、1人の主人公に複数の異性が好意を寄せる従来の「ハーレムもの」の型にはまらない形を提示した。事実、原作の売り上げが爆発的に伸びており、「一般性の高いテレビアニメに向いた原作」が慎重に選ばれている様子がうかがえる。

 4コママンガを原作とした数分のショートアニメ(出版社自体もスポンサーに入っている作品が多い)の増加も、そうした思惑からだろう。30分枠では4コマものを連続ドラマとしてアレンジせざるを得ないが、ショート枠なら原作の持ち味を生かしやすい。その中でも「ヤマノススメ」のように忠実に空気感を再現したものから、あえて2分に詰め込みスピードアップした「てーきゅう」のようなハイテンションものまで、映像化に幅を持たせている。

 オリジナルアニメの存在感が増しているのも、「原作選び」の難しさの裏返しという感がある。中でも「翠星のガルガンティア」や「マジェスティックプリンス」「革命機ヴァルヴレイヴ」といったロボットアニメが相次いだ。一つにはこのジャンルが70~80年代をピークとし、最近は玩具とのタイアップの難しさから退潮にあったことで「逆に新しい」ということ。もう一つは、「スーパーロボット世代」である30代後半~40代のスタッフが企画の主導権を握ったという背景もある。この二つの要素がプラスに働き、すでに「アニメを引退」した旧世代を呼び戻し、若い世代も過去のロボットアニメに関心を持つ波が広がっているようだ。

 ますます勢いづくアニメだが、従来の手描きアニメを支える作画スタッフの人数には限りがあり、トップクラスの才能はさらに絞られる。その意味で、「蒼き鋼のアルペジオ」や「団地ともお」といったフルCGアニメは「大人数を投入してひたすら手描きする」という消耗戦じみた制作システムを根本から変えるきっかけになる可能性があり、アニメ業界の今後を占うカギとなりそうだ。(多根清史/アニメ批評家)

タグまとめ

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る