MANTANWEB(まんたんウェブ)

タツノコプロ:日テレが子会社化

アニメ テレビ
日本テレビは、「タツノコプロ」を子会社化すると発表した。(画像は50周年展覧会のビジュアル)(C)タツノコプロ

 日本テレビは29日、「科学忍者隊ガッチャマン」「ハクション大魔王」などを手がけたアニメ制作会社「タツノコプロ」の株式をタカラトミーから取得し、子会社化すると発表した。

 タツノコプロは、1962年に設立。「科学忍者隊ガッチャマン」「ハクション大魔王」「マッハGo Go Go !」など、国内外で人気の高いコンテンツを数多く発表している老舗のアニメ制作会社。日本テレビでは、タツノコプロが商品化やリメークを単独で判断できる原作権を持つ作品を50以上保有していることから、グループ化することでリメークとコンテンツビジネスを戦略的に展開できると判断。親会社のタカラトミーと協議し、タツノコプロの株式54.3%を取得することで合意した。なお、タカラトミーは、株式の20%を引き続き保有する。

 近年では、日本テレビが2009年に「ヤッターマン」の実写映画を公開したほか、「科学忍者隊ガッチャマン」のリメークとして、11年から2年間情報番組「ZIP!」内でフラッシュアニメ「おはよう忍者隊ガッチャマン」を放送したほか、13年7月にはテレビアニメ「ガッチャマンクラウズ」、同8月には「科学忍者隊ガッチャマン」の実写映画を公開。「ガッチャマンクラウズ」は好評を受け、第2期の制作も決まっている。

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る