北乃きい:話題の実写「はがない」を語る 「批判でも注目されるのはいい」

ブック 映画
映画「僕は友達が少ない」のヒロイン・三日月夜空を演じる北乃きいさん

 “はがない”の愛称で知られる人気ライトノベルを実写化する映画「僕は友達が少ない」(及川拓郎監督)が1日、公開された。2度にわたり、テレビアニメ化された人気作の実写化ということもあり、公開前から話題になっている同作は、主人公・羽瀬川小鷹役に瀬戸康史さん、物語のキーとなるキャラクター・三日月夜空役に北乃きいさんを起用するなど、キャストも注目を集めている。「注目されるのはいいなと思う。それが批判でも」と言い切る北乃さんに映画について聞いた。

 「はがない」は平坂読さん作、ブリキさんイラストのライトノベルで、友だちがいない美少女たちが友だちを作ろうとしたり、充実した生活を送る“リア充”になろうとしたりするが、ずれた挑戦をしては失敗する“残念系”青春ラブコメディー。シリーズ累計発行数622万部を突破している。映画版は北乃さんや瀬戸さんのほか、大谷澪さん、高月彩良さん、神定まおさん、久保田紗友さん、山田萌々香さん、栗原類さん、渡辺大さん、石原良純さんも出演。小鷹(瀬戸さん)たちが、ゲームの世界に閉じ込められた星奈(大谷さん)を助けるために奮闘する……というオリジナルストーリーが展開される。

 原案は大ヒット作だが、北乃さんはその存在を知らなかったといい「ラノベ自体を読んだことがないんです。だからプレッシャーはなかった。私が出演している作品をめったに見ない友だちが『はがない』のことを知っていて、『見に行くね』と言われた。(完成した)今の方がプレッシャーがありますね」と話す。

 出演が決まり、撮影が始まっても、監督から「原案のライトノベルを読まないように」と念を押され、脚本や監督の話を頼りに役作りをしたという北乃さん。夜空は、常に不機嫌そうで、クラスから浮いている……というキャラクターで「素は夜空に近いんです」と明かす。「ローテンションで人見知り。子どものころはお祭りが好きだったりしたけど、高校生くらいになると、人混みが苦手になったり……。カバンを持つシーンで、監督に『夜空と一緒だ』と言われたり、そういう偶然が多かったんですよ」と共通点が多かったこともあり、自然に役に入っていけたようだ。一方で「人間って1カ月、笑わないとつらいんだな……と思いました。超キツかったです。笑うと体が元気になるっていいますからね」と苦労も多かったという。

 撮影終了後、北乃さんは「はがない」のアニメ版を見たといい「学生のときに出合いたかったです。ハマったでしょうし、考え方も変わったと思います」とすっかりファンになった様子。自身が演じる夜空と原作の夜空については「若干違うところはありますよね……」といいつつも、「(スタッフなど)みんなこの作品が好き。私たちも愛情を持っています。監督も愛がある。中途半端ではなく、できることは全部やった。何年たってもこの作品が好きだと思います。本当に面白い。だから、批判があってもそこまで気になりません」と自信を見せる。

 また、撮影現場では「みんな仲がよくて、よくしゃべってた。これまでは、現場では(共演者と)あまりしゃべらなくて、話さなくても仲がいい役はできると思っていた。でも、(話をすると)もっといいものになるんだと思うようになりました。自分から話をするようになって、夜空のように変化した」と役を通じて成長できたという。

 大好きな作品と出合い、成長した北乃さん。最後に今後の目標を聞くと「未来は考えようとしない。家庭を持ったら、未来を考えないといけないですが……。今は守るものがないから、今を生きることができる。先を考えるのは、結婚してからでいいかな?」と笑顔で語った。

ブック アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る