ランス・アンド・マスクス:ぽにきゃんBOOKS初のアニメ化

アニメ ブック
アニメ化される「ランス・アンド・マスクス」1巻のカバー(C)子安秀明/ポニーキャニオン

 アニメ「ゆるゆり」などの脚本を手がけた子安秀明さんのライトノベル「Lance N’Masques(ランス・アンド・マスクス)」(ポニーキャニオン)がアニメ化されることが28日、分かった。ポニーキャニオンが2013年12月から展開してきたライトノベルレーベル「ぽにきゃんBOOKS」の作品で、同レーベルの作品がアニメ化されるのは初めて。

 「ランス・アンド・マスクス」は、21世紀に唯一残る騎士組織「現世騎士団」(ナイツ・オブ・ザ・ワールド)の花房葉太郎(はなぶさ・ようたろう)が、仮面をつけた謎の騎士・ナイトランサーであることを隠しながら戦う姿を描いたバトルアクション。ライトノベル「神さまのいない日曜日」(KADOKAWA)などの茨乃さんがイラスト、アニメ「咲−Saki− 全国編」などのアニメ制作会社「Studio五組」が編集を手がけている。ライトノベルは2巻まで発売されている。

 5月2日午後8時に配信されるインターネット情報番組「ぽにきゃん ぜん部!」でアニメのPVが公開されるほか、アニメの詳細が発表される。

関連外部リンク

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る