13年ぶりに復活する連続ドラマ「金田一少年の事件簿N(neo)」で4代目剣持警部を演じる山口智充さん
13年ぶりに復活する連続ドラマ「金田一少年の事件簿N(neo)」で4代目剣持警部を演じる山口智充さん

 「金田一少年の事件簿」が約13年ぶりに連続ドラマとして復活することが30日、明らかになった。タイトルは「金田一少年の事件簿N(neo)」で、13年と14年1月に放送されたスペシャルドラマで“4代目”金田一一(はじめ)を演じたアイドルグループ「Hey!Say!JUMP」の山田涼介さんが引き続き主演。新キャストとして、“4代目”剣持警部役でお笑いタレントのぐっさんこと山口智充さんが出演する。

 ドラマは1992年から2001年まで週刊少年マガジン(講談社)で連載され、13年から「金田一少年の事件簿R」として連載中のマンガが原作。名探偵・金田一耕助を祖父に持つ高校生の一が、祖父譲りの推理力を発揮し、幼なじみの美雪、仲の良い剣持警部、ライバルの明智警視らと共に難事件を解決していく。連続ドラマは、95年と96年にKinKi Kidsの堂本剛さん、01年に嵐の松本潤さん主演で放送されて以来で、05年にはKAT-TUNの亀梨和也さんもスペシャルドラマで金田一を演じている。

 今回のシリーズでは一、美雪、佐木ら不動高校ミステリー研究会のメンバーが難解な事件に巻き込まれ、トリックと犯人を推理していくというストーリーが展開される。故・古尾谷雅人さん、内藤剛志さん、加藤雅也さんに引き続き、4代目の“おっさん”こと剣持警部を演じる山口さんは「剣持警部として金田一一のことをとことんほれ抜きます」と宣言。山田さんは「今回の連続ドラマでは、プロデューサーの方とも話をして、少しポップな感じを意識しています。コメディーな部分はとことん面白く演じようと思っていて、今までの一ちゃんの中でも一番振り切っていると思います」と意気込んでいる。

 同じくSP版に引き続き、ヒロインの七瀬美雪役で女優の川口春奈さん、一の後輩・佐木役で「Hey!Say!JUMP」の有岡大貴さんも出演する。川口さんは「同じメンバーで作れることの幸せをかみ締めながらがんばってまいります」、有岡さんは「ブラッシュアップした新しい佐木を演じたいと思っています」とそれぞれコメントしている。

 第1話は映画研究部にまつわる殺人事件が描かれる。ドラマは7月から毎週土曜午後9時放送。