アニメ質問状:「極黒のブリュンヒルデ」 シナリオ会議に原作者も

アニメ マンガ
(C)岡本倫/集英社・「極黒のブリュンヒルデ」製作委員会

 話題のアニメの魅力をクリエーターに聞く「アニメ質問状」。今回は岡本倫さんのマンガが原作の「極黒のブリュンヒルデ」です。今泉賢一監督に作品の魅力を語ってもらいました。

 −−作品の概要と魅力は?

 魔法使いにされてしまった女の子たちが、死と隣り合わせの状況で仲間を思いやりながら生きるために必死に戦う物語。そんな彼女たちの切ない人間ドラマや日常生活、そしてところどころに挟み込まれるギャグが魅力の作品です。

 −−アニメにするときに心がけたことは?

 いろいろあるのですが大きなところはキャラクターを魅力的に描くことです。各シーンでキャラクターの感情をしっかり押さえていくことで、物語に深みをもたせてより感情移入して楽しめる作品になるように気をつけています。特に原作前半の村上を中心とした女性キャラクターたちの人間関係をしっかり描くようにしました。

 また、シナリオ会議に原作者である岡本倫先生にご出席いただけましたので、セリフの言い回しや細かい設定などをその場で確認しながら進めることができ、より原作に忠実な作品にできたと思います。

 −−作品を作る上でうれしかったこと、逆に大変だったことは?

 本格的な制作作業に入る前に舞台となった場所に下見に行ったのですが、シリーズが進むに連れて本当に彼女たちがそこで頑張って生きていたような気がしてきて懐かしいような切ないような複雑な気持ちになってきました。なので本編作業が終わったらもう一度舞台を訪れてみようと思っています(笑い)。

 −−今後の見どころを教えてください。

 やはり魔法使いの彼女たちがどんな絶望的な状況に追い込まれても、頑張って生きようとする姿をご覧いただけるとうれしいです。

 −−ファンへ一言お願いします。

 物語も制作も佳境に入り、スタッフ一同、よい作品を届けるべく頑張っていますので、最後までお付き合いいただけるようお願いします。

監督 今泉賢一

関連動画

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る