聖闘士星矢:劇場版アニメの主役・石川界人 「あきらめない心に憧れました」

アニメ 映画 マンガ
劇場版CGアニメ「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」で主人公・星矢の声を担当した石川界人さん

 21日から公開された劇場版CGアニメ「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」(さとうけいいち監督)で、主人公・ペガサス星矢役の声優に抜てきされた石川界人(かいと)さん。2012年に声優デビューしたばかりの新鋭で、アニメ「翠星のガルガンティア」の主人公・レドの声を担当するなど活躍の場を広げている。石川さんに、劇場版「聖闘士星矢」の収録の裏話などを聞いた。

 −−星矢役に決まったときの心境は?

 普通ならうれしい気持ちなのですが、これについては「うそでしょ?」と思いながら、同時に尋常じゃないうれしさがこみ上げてきました。正直にいえば、オーディションで他の役者さんを見たときに(メンバーが豪華すぎて)「終わった」と思いましたから。星矢は歴史の長い作品ですし、偉大な先輩が演じており、僕はまだ若輩者。ただ、任せていただける以上は全力でやってみようと思いました。

 −−原作マンガは、石川さんが生まれる前の作品ですね。

 作品はもちろん知っていますが、詳細な中身は知りませんでした。だから僕の中では新しい作品ととらえていましたね。監督からは「新しい『聖闘士星矢』がやりたいと思っている。だから君自身が感じるままにやってくれ」と言われました。演じるときに気をつけたのは、押しつけがましい正義の味方にはならないようにしたこと。また、考えすぎないようにです。また、敵に倒されても立ち向かう、星矢のあきらめない心に憧れましたね。

 −−声優を目指したきっかけは?

 高校で演劇をしていたのですが、もともとアニメが好きだったんです。そんなとき映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」の吹き替えで、平田広明さんが演じるジャック・スパロウの声を聞いたとき、こんなにカッコいい役があるんだ……と思ったのがきっかけです。声優を目指すことについて、両親から最初は反対はされましたが、理解してもらえました。「聖闘士星矢」の主役に決まったときは「映画の主役なんてすごいね」と喜んでもらえましたよ。

 −−ファンへのメッセージをお願いします。

 「見どころは全部」と言いたいのですが、あえていえば「聖衣(クロス)」のカッコよさとバトルシーンの息遣いでしょうか。原作マンガの系譜も受け継いでいるので、原作ファンの方もぜひ楽しんでください。

関連動画

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る