10月から放送される「寄生獣セイの格率」のイメージビジュアル(C)岩明均/講談社・VAP・NTV・4cast
10月から放送される「寄生獣セイの格率」のイメージビジュアル(C)岩明均/講談社・VAP・NTV・4cast

 累計1100万部を発行している岩明均さんの人気マンガ「寄生獣」のテレビアニメ版「寄生獣セイの格率」が日本テレビで10月から放送されることが関係者への取材で分かった。主人公の泉新一の声を島崎信長さんが務めるほか、新一の右腕に取り付いた寄生生物(パラサイト)、ミギーの声を平野綾さん、幼なじみの村野里美の声を花澤香菜さんがそれぞれ担当する。

 「寄生獣」は、1989~95年に「月刊アフタヌーン」(講談社)で連載。謎の寄生生物の「ミギー」が右手に寄生した高校生の泉新一と、他のパラサイトたちとの戦いなどを描いている。コミックスの累計発行部数が1100万部を突破するなど、90年代を代表する人気作となった。

 アニメ版は、「アベンジャーズコンフィデンシャル:ブラック・ウィドウ&パニッシャー」などを手がけた清水健一さんが監督、制作をマッドハウスが担当する。

 キャラクターデザインは、「彼氏彼女の事情」「アベノ橋魔法☆商店街」のキャラクターデザイン、「進撃の巨人」のエンディング原画を担当した平松禎史さんが務めており、公開された設定画では新一がメガネをかけているなどのアレンジが施されている。

 なお、山崎貴監督による2部作での実写映画の公開(第1部・11月29日、第2部・2015年)も予定されており、映画では、新一を染谷将太さんが演じるほか、里美役を橋本愛さんが担当。ミギーの声については近日発表される予定。

 ◇キャスト、スタッフは以下の通り

 <キャスト>ミギー:平野綾▽泉新一:島崎信長▽村野里美:花澤香菜

 <スタッフ>原作:岩明均(講談社「アフタヌーン」)▽監督:清水健一▽シリーズ構成:米村正二▽キャラクターデザイン:平松禎史▽総作画監督:小丸敏之▽美術監督:赤井文尚▽色彩設計:橋本賢▽撮影監督:伏原あかね▽CG監督:福士直也▽編集:木村佳史子▽音楽:KenArai▽音響監督:山田知明▽アニメーション制作:マッドハウス▽製作:日本テレビ、バップ、フォアキャスト・コミュニケーションズ