花燃ゆ:井上真央ら主要キャストが役衣装初披露 萩でクランクイン

テレビ
山口県萩市で行われた2015年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の会見で扮装姿を初披露した(左から)東出昌大さん、伊勢谷友介さん、井上真央さん、大沢たかおさん、優香さん、原田泰造さん

 2015年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」がドラマの舞台となる山口県萩市で5日、クランクインし、9日同市の明倫館で行われた会見で主演を務める井上真央さんら主要キャストの扮装(ふんそう)姿がお披露目された。「萩のおいしいものがたくさん食べられて、とてもうれしい」と語る井上さんは、「おいしいものをたくさん食べて、萩の空気を吸って、皆さんの思いもこの作品に込めながら、これから1年間、いい作品にみんなでしていければいいなと思っております」と意気込みを語った。

 「花燃ゆ」は、井上さんが演じる幕末の長州藩士で思想家の吉田松陰の妹・文が主役のオリジナル作品。文は長州藩の尊皇攘夷(じょうい)派の中心人物・久坂玄瑞と結婚。ドラマでは動乱の幕末の長州で、困難を乗り越えて、まっすぐに生きた文の生涯を描く。

 会見には、井上さんのほか、大沢たかおさん、伊勢谷友介さん、東出昌大さん、原田泰造さん、優香さん、同局の土屋勝裕チーフプロデューサーが出席。小田村伊之助役を演じる大沢さんは「来年1月から放送ですが、萩の皆さん、山口の皆さん、そして全国の皆さんに心から愛されるドラマになるよう、井上真央さんを支えて1年間頑張っていきたい」とコメントした。

 松陰役の伊勢谷さんは「(萩には)10回以上来ているので、僕の中では萩はただの地方ではなくて、僕の第二の故郷といいますか、大人になった時に必要になったものを、この地の偉人の方々にいただいたということもありまして、非常に興奮しております」と語った。久坂玄瑞役の東出さんは「地元の方、役の上での歴史上の先陣の人たちの志を背負って、思いのこもったたすきを受けついで、精いっぱいできれば」とドラマへの意気込みを語った。放送は2015年1月から。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る