ふなっしー:「プリキュア」でついに銀幕デビュー

アニメ 映画
「映画ハピネスチャージプリキュア!人形の国のバレリー」に登場するふなっしーのビジュアル(C)2014 映画ハピネスチャージプリキュア!製作委員会(C)ふなっしー

  千葉県船橋市の非公認キャラクター・ふなっしーが、10月に公開される劇場版アニメ「映画ハピネスチャージプリキュア!人形の国のバレリーナ」で銀幕デビューすることが11日、分かった。ふなっしーが映画に“本人役”として登場するのは初めて。ふなっしーは「出演オファーをもらって興奮したなっしー! しかも映画に本人役で出演するのは初めて。実はふなっしー、プリキュアのファンでアニメを見ていたなっしーな。映画ではお約束の(来場者にプレゼントされる)ミラクルライトを振って全力でプリキュアのピンチを応援したなっしー!」と喜びのコメントを寄せている。

 東映アニメーションの柴田宏明プロデューサーは、ふなっしーの起用理由を「ふなっしーさんのどんな状況でもめげることのない前向きな姿勢や、喜んでくれる人のためならどこにでも現れたいというポリシーが、キュアラブリーのとことん前向きで常にみんなのために全力を尽くし周りをハッピーにする姿と重なりました」と話している。

 プリキュアシリーズは、普通の女の子が妖精たちの力を借りて伝説の戦士・プリキュアに変身し、さまざまな困難に立ち向かう姿を描くアクションファンタジーで、04年の第1弾「ふたりはプリキュア」から毎年新シリーズが放送されている。現在放送中の第11弾「ハピネスチャージプリキュア!」は、元気で明るく困っている人を放っておけない中学2年生の愛乃めぐみ(キュアラブリー)らが、悪の組織・幻影帝国と戦う姿を描いている。

 劇場版アニメは、キュアラブリーらが、人形たちの楽園・ドール王国をサイアークから救うために戦う姿が描かれる。10月11日に公開。

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る