藤山直美:寺島しのぶとテレビドラマ初共演 女同士の友情描くヒューマンコメディー

テレビ

 女優の藤山直美さんと寺島しのぶさんがテレビドラマで初共演し、今秋、2時間ドラマ「最強のオンナ」(TBS、MBS系)が放送されることが14日、明らかになった。女性2人の友情をコミカルに描いたヒューマンコメディーで、藤山さんが“女風来坊”の福田みどりを演じ、寺島さんがみどりを家政婦として雇う洋食チェーンの社長の桐原玲子を演じる。

 ドラマは、みどりが玲子の会社の採用面接に現れ、玲子はその傍若無人な振る舞いに激怒したものの、家政婦として雇うことになる……と展開する。「Dr.コトー診療所」(フジテレビ系)、映画「涙そうそう」などの吉田紀子さんのオリジナル脚本。玲子の一人娘役で子役の鈴木梨央ちゃん、みどりの過去に関わるキーパーソン役で千葉雄大さん、玲子の会社の専務役で岸部一徳さんも出演する。

 藤山さんは「長く生きていると、家族の中でも話題にせんようにしとこ、みたいな隠し事ってあるでしょ? みどりも明るく見えて、実は人に言えない事情を抱えている」といい、「私はそこが好き。だってなんか哀れですやん」とコメント。寺島さんは「玲子を演じていて一番感じるのは孤独ですね」といい、母親役について「私自身も母親になって、役の上で子供との向き合い方がリアルになった気がします。仕事中は割り切って、娘よりも仕事を優先するシーンなど、同じ働く母として共感できるところは多い」と話している。

 番組の志村彰プロデューサーは「刑事ドラマ、医療ドラマばかりのテレビ界で、上質の笑って泣けるドラマを作りたいと思い企画しました。見終わったあと、心地よい気持ちになれる仕上がりになったと思います」とコメントを寄せた。主題歌はシンガー・ソングライターの森恵さんの「星に願いを」が採用された。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る