集英社:新たなラノベレーベル「ダッシュエックス文庫」創刊 ライトユーザー開拓目指す

ブック
矢吹健太朗さんが描いた「はてな☆イリュージョン」のキャラクター(c)松 智洋・矢吹健太朗/集英社

 集英社が新たなライトノベルレーベル「ダッシュエックス文庫」を11月21日に創刊することが15日、分かった。これまで展開してきた「スーパーダッシュ文庫」のオリジナル作家陣に加えて他社レーベルからも人気作家を集める。清宮徹編集長は新レーベル創刊について「ラノベ業界全体が頭打ち。(ラノベの)ハードユーザーではない人を入り口に、ライトユーザーを開拓したい」と意気込みを語っている。

 新レーベルはライトノベル作家の松智洋さん、アサウラさん、野村美月さんなどを作家陣にラインアップ。挿絵は「To LOVEる」の矢吹健太朗さんや「いちご100%」の河下水希さんなど「週刊少年ジャンプ」出身の人気マンガ家が担当する。創刊3カ月の作品ラインアップには松さんと矢吹さんがタッグを組んだ「はてな☆イリュージョン」や、榊一郎さんと柴乃櫂人さんの「神鎧猟機ブリガンド」などの作品が刊行される。同社発行の「週刊ヤングジャンプ」の人気マンガ「テラフォーマーズ」のノベライズも刊行される予定。

 「スーパーダッシュ文庫」が創刊から14年たち、読者の年齢層が上がったことを受け、若い読者を取り込むことが目的。想定している読者は中、高、大学生。「スーパーダッシュ文庫」は存続するが、「ダッシュエックス文庫」がメインのラノベレーベルとなる。

 また、同レーベルでは15日から開催される同人誌即売会「コミックマーケット86」でサポート企画を実施。熱中症対策グッズとして「はてな☆イリュージョン」のキャラクター“はてなちゃん”が描かれた瞬間冷却材を先着3万個で無料配布する。

ブック アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る