榮倉奈々:湊かなえ作品に初挑戦! 「Nのために」ドラマ化

ブック テレビ

 人気作家の湊かなえさんの純愛ミステリー「Nのために」が、女優の榮倉奈々さん主演でTBS系で連続ドラマ化されることが18日、明らかになった。湊さんの原作を連ドラ化して人気を博した「夜行観覧車」(TBS系)のスタッフが再集結するもので、湊さんの作品に初挑戦する榮倉さんは「湊さんの作品が好きで、これまでにも何作か読ませていただいていました。その世界に自分が入れるなんて、いなだに信じられないほどうれしいです」と喜びのコメントをしている。

 ドラマは、湊さん自身が「私の初のラブストーリー」と紹介する純愛ミステリー。登場人物たちに共通しているのはイニシャル「N」で、Nたちがどのように出会い、誰を愛し、どんな罪を犯したのかを描く。榮倉さんは、“ある計画”を立てたことで、セレブ夫妻・野口貴弘と奈央子の殺人事件に関わる杉下希美役で、高校生から32歳と幅広い世代を演じる。

 希美と“ある計画”を立てたことで事件に関わることになる、高校時代の同級生・成瀬慎司役を窪田正孝さん、殺害される野口貴弘と同じ商社に就職する安藤望役を賀来賢人さんが出演。2人はそれぞれNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「花子とアン」に出演するなど注目を集めている。そのほか、野口夫妻殺害の罪を問われ服役することになる西崎真人役で小出恵介さん、「野口夫妻殺人事件」の真相を追う元警察官役で三浦友和さんが出演。プロデューサーは新井順子さん、脚本は奥寺佐渡子さん、演出は塚原あゆ子さんと山本剛義さんといった「夜行観覧車」のスタッフが再集結する。

 原作について、榮倉さんは「人間関係の複雑さに魅了され、予想のできない展開に目が離せなくなり、気がついたら一日で読み切りました。純愛ミステリーということで、湊かなえワールドの愛を存分に感じたいと思います」と話している。湊さんは「登場人物はみんな、それぞれのNのために行動します。誰が誰のNなのか、こういう愛の形があったのかと、たくさんの人たちが自分の大切な人を思い浮かべながら、この物語を楽しんでくださることを心より願っています」と紹介している。

 新井プロデューサーは「小説で詳しく描かれていない『事件の10年後』の現代でも物語を展開します。小説をまだ読んでいない方はもちろん、小説を読んだ方でも新たな『Nのために』の世界を楽しんでいただけると思います」とアピールしている。ドラマはTBS系で10月クール放送。

ブック アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る