軍師官兵衛:「センゴク」マンガ家が“異例”のエキストラ出演

マンガ テレビ
「軍師官兵衛」に出演するマンガ「センゴク一統記」の作者・宮下英樹さん=NHK提供

 戦国武将・仙石秀久が主人公の歴史マンガ「センゴク一統記」の作者・宮下英樹さんが、24日に放送されるNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の第34回「九州出陣」に、エキストラとして出演することが18日、分かった。「センゴク一統記」には、黒田官兵衛が主要キャラクターの一人として登場しており、宮下さんはこれまで連載誌の「週刊ヤングマガジン」(講談社)誌上で、「軍師官兵衛」で主演を務める岡田准一さんと対談したり、NHKの歴史番組で共演した経験があるという。マンガ家が大河ドラマに出演するのは異例。

 宮下さんは、島津の勢いに押される豊後のキリシタン大名・大友宗麟(上條恒彦さん)を迎える官兵衛(岡田さん)の後方で、家臣団たちとともに控える武将としてエキストラ出演する。宮下さんは「テレビを通じてだと伝わりにくいですが、収録現場では岡田さんはじめ役者さんの声の張り(大きさではない)に驚きました。しかも、演じる人物の年齢(成長)に合わせ、調整しているとのお話も聞き、さらに感心しました」とコメントを寄せている。

 「センゴク一統記」はヤングマガジンで連載中のマンガで、仙石秀久の活躍を中心に戦国時代が描かれている。「軍師官兵衛」は、戦国時代末期に“天才軍師”と称され、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三英傑に重用され、九州・福岡藩52万石の礎を築いた黒田官兵衛の生涯を描いている。NHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送中。

マンガ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る