大泉洋:過去最高のイケメン役に手応え 「自己ベスト出た」

映画

 俳優の大泉洋さんが30日、東京都内で行われた映画「ぶどうのなみだ」(三島有紀子監督)のイベントに、共演者の安藤裕子さんや三島監督らと登場した。安藤さんに「みなさんが見たこともないイケメンな大泉さんが見られます」といわれた大泉さんは「監督が私の顔をきれいに撮ろうとするんですよ。前日にお酒を飲むと『顔がむくんでる!』と監督に言われるのでストイックに走ってました! でもワインの映画だし飲みたくなる……」とぼやきながらも、「僕史上では、一番キレイに撮っていただいた。自己ベストは出しました」と満足げに語った。

 映画は、大泉さんの故郷・北海道を舞台にワイン造りに奮闘する兄弟の交流が描かれ、大泉さんは「美しい北海道の景色を三島監督に切り取っていただいた。多くの方に(映画を)愛していただいて、最終的には北海道に遊びにきて、ワイナリーを巡ったり、おいしい食事を食べていただけたら」とふるさとをアピール。またこの日のイベントには劇中に登場する大型犬のバベットも登場。動物嫌いという大泉さんは「彼は盟友です。なんか彼はいけるんですよね! 中に人が入ってるんじゃないかな。45歳くらいのおじさんが」とおどけながらも撮影以来の再会を喜んだ。

 映画は「しあわせのパン」(2012年)を手がけた三島監督が脚本・監督を担当し、北海道を舞台に父の残した小麦畑とブドウの木で農業を営むアオ(大泉さん)、と弟のロク(染谷将太さん)の穏やかな日常を描く。"黒いダイヤ"と呼ばれるブドウ、ピノ・ノワールの醸造に苦戦するアオたちの前に、キャンピングカーに乗った謎の女性・エリカ(安藤さん)が現れ……というストーリー。10月4日から北海道で先行公開され、10月11日から全国で公開される。

関連動画

映画 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る