太田光:「宮崎駿が嫌い」と爆弾発言 ジブリ作品の“特命コピーライター”就任

アニメ 映画

 お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光さんが17日、スタジオジブリの劇場版アニメ「かぐや姫の物語」(高畑勲監督)のブルーレイディスク(BD)・DVD発売キャンペーンの「特命コピーライター」に就任し、東京都内で鈴木敏夫プロデューサーと“公開会議”を実施した。ジブリの宮崎駿監督に対して毒舌を交えながら、以前からファンだったという高畑監督への思いを語った。

 太田さんは、高畑監督のファンで同作を絶賛していることから特命コピーライターに就任。任命した理由について、鈴木プロデューサーは「作品を気に入ってくれたから。それ以外には何もない」と説明し、太田さんは「うち(所属事務所のタイタン)の社長から強制的に……」とボケつつ、「ジブリはファンがたくさんいるので『太田、しゃしゃり出てくるな』っていわれそう」と心配顔。コピーをひねり出そうと頭を抱え、「一言で“決める”のは難しい。本の帯(のコピー)はやったことはあるけど、こういうのはやったことはない」と苦しんでいた。

 以前からファンだという高畑監督について、太田さんは「僕は宮崎駿が嫌いでね。ジブリの中だと駿さんにスポットが当たること多いでしょ。高畑さんも面白くないだろうなと……」と冗談めかして笑いを誘い、「高畑作品の方が真っ当のような気がする。やっていることが斬新だし、普通じゃ考えられない手間ひまをかけて、世界に誇れる日本のアニメーションだと思う」と絶賛。さらに高畑監督の印象を「ちょっと気難しい陶芸家。一切の妥協を許さないというような」と評価した。

 また、映画監督へ意欲を見せている太田さんだが、その進展具合について、「自分の中ではシナリオはできている」と明かし、「宮崎監督をこえる自信は?」と聞かれると「興行収入は超えられるわけないけど、中身は、自分の作るものが今まで見てきた中で一番面白いって思えなきゃ作れない。そういう意味では自信はあります」と答えていた。「かぐや姫の物語」のBDとDVDは12月3日発売予定。

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る