嵐:デビューから15年を振り返る 大野「やめようと思ったことがあった」

テレビ
嵐に密着したNHK総合の番組「嵐 15年目の告白」のロゴ

 今年デビュー15周年を迎えた人気グループ「嵐」に密着した番組「嵐 15年目の告白」が7日にNHK総合で放送される。番組は、9月19、20日に米ハワイで行われた野外コンサートの「嵐」の舞台裏に密着しメンバーの素顔に迫るほか、「15年目の告白」と題して5人だけでトークを展開。リーダーの大野智さんは「正直、嵐をやめようと思ったことがあって……葛藤していたときがあった」と告白している。

 番組は、ハワイでライブを開催するにあたって思うようにリハーサルができなかったり、本番でのアクシデントなど、さまざまな困難を乗り越えていくメンバーに密着する。ライブの演出を担当する松本潤さんの苦悩、病気のためハワイに苦い思い出を持つ相葉雅紀さんが今回のステージに懸ける思い、現地スタッフとのコミュニケーションを大切にする櫻井翔さん、本番で予期せぬ事態に追い込まれた二宮和也さん、最後のアンコールで涙する大野さんなど、ステージの裏側を紹介する。

 「15年目の告白」と題したトークでは、メンバーたちがこれまでの15年間を振り返って「今だからできる告白」を語る。櫻井さんは「実は、嵐は、僕らの年齢で、25歳ぐらいまでじゃないかなと思っていた」と振り返り、相葉さんは「あの頃、僕は嵐にはもう戻れないって思ってた」と告白。松本さんは、「正直な話、(あの時大野さんに)すっげーむかついたんだ、俺」と話し、二宮さんは「自分の仕事の姿勢は、リーダーの一言が作ったんだ」と本音で語っている。大野さんがずっとつけていた日記の内容の一部も初公開される。番組は7日午後10時~同10時50分に放送。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る