アニメ質問状:「七つの大罪」 ホークの存在感は声優のおかげ 原作者の強力なバックアップも

アニメ マンガ
「七つの大罪」の一場面(C)鈴木央・講談社/「七つの大罪」製作委員会・MBS

 話題のアニメの魅力をクリエーターに聞く「アニメ質問状」。今回は鈴木央さんのマンガが原作の「七つの大罪」です。アニプレックスの井上貴允プロデューサーに作品の魅力を語ってもらいました。

 −−作品の概要と魅力は?

 リオネス王国を舞台に“七つの大罪”と呼ばれる、めちゃくちゃ強いやつらがエリザベス王女と一匹のブタと旅をする話です。最大の魅力は鈴木央先生が描く物語の面白さと、緻密(ちみつ)でありながらもダイナミックな絵のカッコよさだと思います。何といっても、登場するどのキャラクターもカッコよくて強い! ということが特徴ですね。

 七つの大罪だけでなく、それに相対する聖騎士たちも皆、魔力という力を使った独自の必殺技があります。これがケタ違いにド派手なんですよね。岩が割れ、地面が隆起して、一度戦いが起これば街ひとつが潰れてしまうんじゃないかというくらいのバトルで。だから、新しいキャラクターが登場するたびに「こいつはどんな能力を持っているんだろう!?」とワクワクしながら楽しめると思います。

 作品の魅力はもっとあるのですが、このスペースではすべて語りつくせないのでぜひ、マンガを買って読んでください。読みだすときっと止まらなくなると思います。

 −− 原作以上にブタのホークの存在が目立っているようですが、意識したことは?

 おそらく久野美咲さんの声と演技のお陰ですね。実はキャストのオーディションでは、皆それぞれのホークのイメージがあったらしく、男声なのか女声なのか、若いのか渋いのか、かなり悩みました。

 その中で、一番インパクトがあったのが久野さんで、その声を聞いた鈴木央先生と岡村天斎監督が「ホークは久野さんでしょう!」と意見が合致したんです。今でも、もう何話もアフレコしているのに久野さんがホークを演じるとアフレコブース内で笑いが起きます。ホークは何だか偉そうなんだけど憎めないカワイイやつ。それも久野さんが演じているからだと思います。

 −−アニメにするにあたり、原作マンガと意識して変えている部分は?

 大きく変えることはしていません。むしろ原作の魅力を、どうやってアニメで表現するかを監督はじめ現場スタッフで考えています。その中で、シーンや会話のテンポ感は大切だと思います。アニメは1話の尺が決まっているので、必ず毎話盛り上がりを作り、次の話が気になる引きで終わる……ということを念頭に原作の物語をシナリオに落とし込んでいきました。その中で割愛したシーンやセリフなどがありますが、アニメを見たときに「『七つの大罪』は今回も面白かった!」と思ってもらえるように各話意識しながら作っています。

 −−作品を作る上でうれしかったこと、逆に大変だったことは?

 アニメ化に際して原作者からの協力をいただくことは多いのですが、「七つの大罪」に関しては鈴木央先生はアニメのスタッフの一人というくらいあらゆる面でバックアップしていただいているのは本当に感謝しています。アイキャッチのイラストはマンガの扉絵ですし、毎話アバン(プロローグ)に出てくるカットの原画や、放送後のエンディングカードのホーク、ちょっとした設定なども描いていただいたりと、随所に先生にご協力いただいています。

 毎週連載のマンガを描きながらアニメのオーダーにも応えていただく……その仕事量には驚かされます。原作の先生とアニメスタッフとがこれほど近い距離で作る現場はあまりないと思いますので、その一員として携われることは非常に光栄です。

 −−今後の見どころを教えてください。

 本編では「七つの大罪」のメンバーがそろってきましたが、今後は聖騎士サイドもガンガン出てきて、より一層ドラマが動き出しますので今まで以上に注目して見てください。メリオダスだけでなく、ディアンヌもバンもキングも、そしてホークも大活躍しますので1話たりとも目が離せませんよ!

 −−ファンへ一言お願いします。

 先日発表しましたが、2015年7月25、26日に「七つの大罪Fes.」というイベントを予定しています。まだ詳細は言えませんが、皆で盛り上がるイベントを開催しますので、ぜひアニメを見て、そしてイベントでメリオダスたち本物の「七つの大罪」に会いに来てください!

 アニプレックス プロデューサー 井上貴允

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る