銀魂:テレビアニメ2年ぶり新シリーズ 来春放送

アニメ マンガ
アニメ「銀魂」のメーンビジュアル(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・サンライズ・アニプレックス

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載されている空知英秋さんのマンガ「銀魂」のテレビアニメの新シリーズが2015年春からテレビ東京系で放送されることが21日、幕張メッセで開催中の「ジャンプフェスタ2015」で明らかになった。アニメ「銀魂」の新シリーズが放送されるのは2年ぶりで、メーンビジュアルも公開された。会場では空知さんからの手紙が読み上げられ、「来年、アニメ『銀魂』は、空っちみー(空知さんの愛称)原作で生まれ変わって皆さんの前に戻ってきます。その時がくるまでどうか皆さんいつもの秒読みで待っていてください」と期待を持たせ、大歓声が湧いた。

 「銀魂」は、「天人(あまんと)」と呼ばれる異星人に占領された江戸時代を舞台に、銀髪の侍・坂田銀時や、その相棒でアイドルの追っかけが趣味の志村新八、美少女で怪力の宇宙人・神楽が巻き起こすSF時代劇コメディーで、マンガは2003年に連載が始まった。テレビアニメは06年4月~10年3月に第1期、11年4月~12年3月に第2期、12年10月~13年3月に新作13本と再放送12本が混在した「延長戦」が放送された。

 アニメの発表を受け、坂田銀時役の杉田智和さんは「作品のエネルギーが、自分の外側で爆発している印象でした。実際に銀時を演じれば何か感じると思います。放送されるまで信じていません!」、志村新八役の阪口大助さんは「いやもうなにがなんだかって感じで……。すっかり終わったつもりでいましたから。とりあえず始まるからには頑張っていきたいなと」、神楽役の釘宮理恵さんは「再びこの作品に参加できるのが、心よりうれしく、収録が始まるのを楽しみにしています。変にパワーアップとかせずにいつも通りだと良いなあと思ったり思わなかったり。とにかく精いっぱい頑張ります!」とコメントした。

 アニメの詳細は後日、公式サイトなどで発表する予定。

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る