ジャンプフェスタ2015:来場者1万3000人増の15万8000人

アニメ マンガ
2日間で約15万8000人が来場した「ジャンプフェスタ2015」

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)のファン感謝イベント「ジャンプフェスタ2015」が幕張メッセ(千葉市美浜区)で20、21日に開かれ、2日間の来場者数が約15万8000人に達し、前年より約1万3000人増えたことが明らかになった。イベントは、「ハイキュー!!」「銀魂」などの人気作のアニメ続編が発表されるなど大いに盛り上がった。

 「ジャンプフェスタ」は毎年冬に開かれており、今年で16回目のイベント。昨年は2日間で約14万5000人が来場した。週刊少年ジャンプやジャンプSQ.の作品に加え、アニプレックスやバンダイビジュアルをはじめとするアニメ会社、任天堂やソニー・コンピュータエンタテインメントといったゲーム会社など、合わせて約30社がブースを構えた。

 「ジャンプ原画ワールド」コーナーでは、人気作「NARUTO−ナルト−」の連載完結を記念して、最終回の全ページ原稿と、ナルト一家の描き下ろしイラストを展示。作者・岸本斉史さんの描き下ろしメッセージも展示され、多くの来場者が見入っていた。また「暗殺教室」「新テニスの王子様」などのステージイベントも多くのファンでにぎわった。

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る