水田わさび:ドラえもん役10年に涙 「すぐにクビになると思っていた」

アニメ 映画
「ドラえもん映画祭2015」に登場した水田わさびさん

 ドラえもんの声優で知られる水田わさびさんが14日、神保町シアター(東京都千代田区)で開催された「ドラえもん映画祭2015」のトークショーに登場した。10年にわたりドラえもん役を続けてきた水田さんは「すぐにクビになると思っていたので、(声優陣が交代して最初の劇場版アニメ)『のび太の恐竜2006』ができると知って、続けられるんだ……と思った。町中から『(新しい声優の)ドラえもん見た?』という声が聞こえてくるような気がして、1クールは頑張ろう……と思っていた」と涙を流しながら、大役へのプレッシャーについて語った。

 イベントには、野比のび太役の大原めぐみさん、のび太役前任の小原乃梨子さん、源しずか役前任の野村道子さんも登場。小原さんは、水田さんと大原さんに「『前の方がよかった』という声も聞こえてきたと思います。でも、10年続ければ本物。次の世代、また次の世代へと(作品を)大切にしてね。あなたたちの力はすごいんですよ」と語りかけると、水田さんと大原さんは涙を流した。

 風邪のために欠席したドラえもん役前任の大山のぶ代さんからの「お体に気をつけて頑張ってください」というメッセージを小原さんが読み上げると、水田さんは「すごいです。気の利いたことが言えない……」と感動した様子で、水田さんは「(先輩の)皆さまに恥じないように頑張っていきたい」と意気込んでいた。

 イベントは3月7日にシリーズ35作目となる劇場版アニメ「映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)」が公開され、今年で「ドラえもん」の劇場版が35周年という節目を迎えることを記念して開催。劇場版第1作「のび太の恐竜」(1980年)~「新・のび太の大魔境」(2014年)を3月6日まで上映している。

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る