平子理沙:“美少女フィギュア”好き告白 コレクションは「100体以上」

芸能

 モデルの平子理沙さんが5日、東京・六本木で行われたF1シーズン開幕直前イベント「The eve of F1 エキサイティングナイト」に登場。最近ハマっていることを聞かれ、「美少女フィギュアを集めること」と意外な趣味を告白した平子さんは、「深夜アニメを見てからハマってしまいました。(所有フィギュアは)100体以上で、コレクション歴は2年ぐらい。『すーぱーそに子』というキャラが特に好きです」と“フィギュア愛”を披露した。

 この日行われたのは、13日からのオーストラリアグランプリ(GP)で開幕するF1シーズンを盛り上げるイベント。女性誌「GOLD」(世界文化社)と男性誌「LEON」(主婦と生活社)の読者ら150人を招き、平子さんやタレントのパンツェッタ・ジローラモさんらによる「F1スペシャルトーク」や、モデルの相沢紗世さん、生方ななえさんによるモナコGP、シンガポールGPの観戦ファッションをテーマにしたファッションショーなどを実施。日本で最もF1熱が高まった1990年代をほうふつとさせるディスコタイムも用意された。

 ホンダ参戦で再び注目度が高まっている今年のF1。19歳でF1リポーターとしてデビューしたという平子さんは当時、エンジン音を聞いて車種が分かったというほどF1に熱中していたことを明かし、「来週から開幕ということでワクワクしている。テレビで見るのもいいけど、実際にレース場で見るのも音も迫力があって、その場所ではないと分からない興奮もあるので、ぜひレースを見にいって」と呼びかけた。

 イベントでは、西武池袋本店、西武渋谷店で15日、そごう横浜店で9日まで開催されている展示会「The F1展~華麗なるフォーミュラ・ワンの世界~」も紹介。同展は今年新たにF1に挑戦するホンダの協力で、各会場にマクラーレン・ホンダの新旧マシンを展示するほか、さまざまな角度からF1の魅力を発信する。

芸能 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る